ニュース

ひまわり8号

 世間には伏せられていますが、気象衛星ひまわり7号は運用早期から、気象衛星機能が不備でした。そして10月7日に、ひまわり8号が打ち上げられ、昨日あたり、静止軌道に乗りました。長く空席であった日本の気象衛星が復活することを喜んでいます。

ひまわり7号」

 現在運用されているひまわり7号は、運用開始以降早期に観測機能が失われております。今日にいたるまで、気象庁はこのことを伏せています。私の問い合わせに対しても、ひまわり7号に重大な支障はないとしていました。これは、調べたところ、実際にはたの重要な機能である交通管制機能が正常であったため、主要機能の8割が稼働となっておりました。多大な税金を使っている手前、気象衛星機能不備を隠さざるを得なかったのでしょうか。このため、一部アメリカ気象衛星GOA画像もありましたが、近年は地上波レーダーでの天気図で天気予報を放映していました。

「ひまわり8号」

 アンテナや太陽電池パネルを広げると全長約8m、重さ約1.3トン。ひまわり7号から大幅に性能がアップし、西太平洋全域をカバー。現在ひまわり7号は、30分毎に白黒の静止画像を撮影して地上基地にデータ送信していますが、ひまわり8号は10分毎にカラー画像を撮影して送信し、観測できるそうです。
 ひまわり8号は来年7月からの運用予想です。日本独自の衛星画像に戻り、綺麗な天気図になることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CNNとBBCのニュース

フィリピンに住む友人の投稿です。

CNNとBBCのニュースが面白い。こんなにもフィリピンの台風被害の放送を異例のしつこさで放送している。タクローバンいりしているCNNコメンテータがもう被害から10日もたつのにマニラからなにも物資が来ないと絶句する。こんなにアメリカ、イギリス、オーストラリアが何十億の援助をしているのにと、アメリカからの物資を映す。そうかまだアメリカ、イギリス、オーストラリアかと驚く反面(日本やその他ヨーロッパは紹介しない)そこに中国の援助1千万円を強調して比較する。今中国フィリピンは領土問題で反目しているので、それでも寄付は大したものだと思うが、まあそういう筋書きをCNNとBBCが行っている。やはり1880年から日本を含めアジアが仲良く連携することは面白くないのが見え隠れする。CNNの深夜番組でアメリカが何かしようとすると必ずそこに日本がいるという、シャットダウン以降引きこもりアメリカ大統領に対して安倍首相はアジア各国を歴訪していることも含めて愚痴が出てくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

IPS細胞

IPS細胞、生産効率は劣るが大儀がある

「ES細胞の方が廉価で生産が容易」

 京都大学には、東京大学にはない、「金にならない研究」に盛んな校風があります。今、京都大学IPS研究所に注目が集まっています。これもその1つ。IPS細胞培養は、金が掛り、効率も悪い研究で、ES細胞の方が廉価で生産が容易なので、東大ではIPSには目もくれなかった。効率が悪い研究ではあったが、今回、ノーベル賞が取れた原因に「動物愛護団体」の世界的圧力があったようです。

「ES細胞培養では大量のラット等を殺す」

 「動物愛護団体」にとって、研究のために多くの命を犠牲にするES細胞研究は、非難の的で、命の犠牲を回避できる技術が待ち望まれていた。そこに皮膚からでも作れるIPS細胞が現われたのです。これが、早期ノーベル賞受賞の1つの要因と研究者が言っていました。

「まだまだ低い生産効率」

 ES細胞やIPS細胞の研究により、今後30年で自分の臓器移植が可能となり、平均寿命が飛躍的に延びる可能性を示唆されるようになりました。現在、ES細胞の生産と比べ、まだまだ低い生産効率のIPS細胞ですが、技術向上で、きっと新しい社会を創ることでしょう。効率だけではない「大儀」を持つIPS細胞技術ゆえ、多くの人に支持をされます。今後の発展に期待しています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中身だけのカップヌードル

中身だけのカップヌードル

値段も2~3割安いようです。いろいろと考えるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PM2、5 微小粒子状物質

TTP参加表明の交換条件か?

「大気1立方メートル当たり1日平均70マイクロ・グラム超とする暫定指針に変更」

 昨日、PM2.5の基準が、京都議定書に定めた35mg(マイクロ・グラム)から70mgに緩和されました。PM2.5の環境基準値はこれまで、日本では35mgですが、米国基準が70mgであり、この基準を縦に、米国製大型トレーラー等の輸入は制約されてきました。多分、TTP参加表明の交換条件と見ています。

「取って付けた言い訳」

 座長の内山巌雄・京都大名誉教授は、「この環境基準は非常に厳しく、超えてもすぐに健康に影響が出る値ではない。」とのこと。ただ、この指針は、健康な大人を想定した値で、子どもや高齢者などはこの値に達しなくても注意してほしいとしていました。

これでは、基準変更の言い訳にはなっていないと思います。

「意味不明となった基準」

 環境省によると、全国各地に自治体などが設置している測定局では今年度、1日平均濃度が70mg超となったケースはほとんどなかったため、実際に注意喚起があるのは、全国の日数を合わせても年間10日程度ではないかと推測しています。

それであれば、35mgのままで良いはずです。これは、TPP参加表明の最初の弊害ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アレルギー発症

以下の情報をシェアします。
「アレルギー素因のある母親が妊娠中、授乳中に牛乳や卵の摂取を控えても、子供のアレルギー発症を減らさなかった」
 アトピー性皮膚炎(AD)の家族歴をもつ母親が、妊娠中や授乳中に牛乳や卵の摂取を避けることによって、子供のADや食物アレルギーの発症を抑えられるか知るために、前向きコホート研究をおこなった。対象の母親は、少なくとも3ヶ月以上完全母乳栄養をおこない、固形食開始を遅らせた。以下の3群で比較;1)妊娠後期〜完全母乳栄養中に牛乳と卵の摂取を控えた、2)産後だけ牛乳と卵の摂取を控えた、3)食事制限なし。その結果、生後6ヶ月、12ヶ月時点で、AD有病率、卵/牛乳への過敏性の率ともに、どの群でも差がなかった。
Eur J Pediatr. 1996 Sep;155(9):770-4.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

隕石

直径17m、1万トンの石

「もし、都会に落ちたら」

 広島型15Kt級原爆の数百倍?の爆発。なにを基準に算出された数字か今一わかりませんが、都会に落ちたらきっと大惨事にはなっていたのでしょうね。NYCのエンパイアステートビルディングが折れたり、北京の中南海に大穴が開いたりしたら・・・。

「天災」

 これが本当の天災ですね。空から1万トンの石が、マッハ15程度で飛び込んでくるのです。空が落ちると心配することを「杞憂」といいますが、まさしく手の施しようがない。ただ、人間が出来ることは限られているが、やはり対策を考えておくべきとは思います。

「杞憂」

 ところで、過去の歴史でも、人類の動きを変えたのは、天候不順による飢饉がもっとも大きな原因でありました。その元は、太陽活動変動です。これから太陽が活動期を脱してきます。それによる冷害が心配ですが、隕石が頭に当たる不安同様、杞憂であることを希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大阪 桜宮高校

体育学科の募集停止 責任の取り違え

「大阪市の不当な罰」

 今回発表された体育学科の募集停止で影響を受けるのが、体育で受験を目指していた子どもたちです。橋下市長の決定は、子どもたちに対する不当な罰です。何も問題行動も起こしていない子どもたちへの虐待で、体罰と同様の問題です。橋下市長は、子供たちの夢や将来を壊さないで下さい。

「市長、責任の取り違え」

 責任をとるべき対象は、教員や校長、そしてその長たる市長です。生徒や桜宮高校で学ぶため努力を続している中学生には、何の責任も有りません。この事件に関しては、事実を最後まで解明し、教育長、教育委員会、橋下市長が、きちんと自らを罰することです。そして入学募集を至急再開することです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

日本人の美徳

サッカー日韓戦の終了後のスタンドにて
 グラウンド内ではいろんなことが行われていた間、日本人サポーターは自分たちのエリア周辺のゴミを黙々と清掃していた。この姿に外国人記者が感銘してこの写真が撮られたらしい。負けたことの腹いせにイスを壊したりモノを投げたりの暴挙に出るやもしないのに、ただ冷静に清掃する日本人サポーターの姿こそ我々が誇るべき美徳ではないだろうか。
FBから流用しました。
394518_397598850294112_2028667215_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

昨日、大飯4号フル稼働

関電、電力不足回避

「電力供給量のうそ」

 関電の大飯3号機が稼働した7月2日、関電ピーク時電力供給量は2470万KWであったが、118万KWの3号機フル稼働後も、関電の電力供給量が増えていない。揚水式水力57万KWもフル稼働らしい。さらに24日から118万KWの4号機フル稼働であるが、供給量が増えていないようだ。

「理由は火力発電所の停止」

 多分関電は、需給状況を見て火力発電を止めている。コスト削減を重視していると見ている。正常なコスト体質に戻す作業を実施しているのであろう、が公開されている電力使用率の8割あたりの数字はうそである。

「計画停電回避は評価」

 昨年あれほど騒いだ東京では今年、電力使用率の表示が街から消えた。計画停電も噂されない。この1年で休止火力を復旧させたのだろうか。自家発電が増えたのだろうか。これも発表がない。計画停電回避は評価するが、実際の電力供給能力が闇だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧