歴史

秋分の日について

一等国には国体があります。

秋分の日について少し長い内容ですが、お付き合いください。

 秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」であり、昭和22年(1947年)までは秋季皇霊祭といいました。歴代天皇、皇族の霊が祭られている三殿の「皇霊殿」で行われるのが「皇霊祭」で、秋季の祭が一般のお彼岸の先祖供養にあたります。

 9月23日、一般のお彼岸の中日にあたる秋分の日に天皇陛下が皇居内の皇霊殿(こうれいでん)において神武天皇をはじめとする歴代の天皇・皇后・皇族方の御霊をお祀りする「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」が執り行われます。今日、天皇陛下がお告げ文を読み上げ、皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下が拝礼したことでしょう。実際100を超える歴代天皇について命日ごとに祭儀を行うのは大変ですので、春と秋の2回にまとめて皇霊祭として行われるようになったといいます。

 皇霊祭は江戸時代は仏式で行われていました。明治以降に神式になっています。この日はあわせて神殿祭というのも行われます。神殿祭は三殿の「神殿」で行われるもので、神殿に祭られている国内のさまざまな神の神恩に感謝する祭儀です。今日この日は御神楽「東遊」が学部によって奉ぜられます。これは第二十七代安閑天皇(531年-535年)の頃に駿河の有度浜(現在の静岡県三保松原)に舞い降りてきた天人の姿を象った(かたどった)舞とされています。

 天皇陛下はこのような祭祀を年に30以上行われ、国民の安寧と五穀豊穣を祈られます。既に陛下はご高齢にかかわらず大変な激務をこなされています。たとえば、11月23日の新嘗祭では硬い板の上に座布団も敷かずに2時間も正座しなければなりません。陛下は正座の練習をして臨まれているといいます。

 天皇陛下は公的統治の理念上の体現者であり、民を「大御宝」として、民の安寧のために祈られます。民は天皇陛下を信頼し、尊敬し、これにより天皇陛下の権威は支えられ、安定した社会を築くことができています。天皇陛下を中心に「支配なき自己統治」という優れた国体を持つこのような国を残してくれた祖先に感謝、天皇陛下に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

従軍慰安婦問題

一等国 それは国民が自国に誇りを持つ国
そして働くことが報われる国です。

今回は、従軍慰安婦問題ですが、これは韓国の国内問題です。以下記載します。

「従軍慰安婦は入札制度であった」
 第2次世界選当時はまだ世界の軍は軍律維持のため、どの国も公娼制度を持っていました。当時の旧日本軍は、公娼制度を創るため、入札制度で、業者の選定をしていました。韓国が世界で発信しているような軍が直接女性を連れて行くような事実は無く、日本人や当時日本人であった韓国人の業者が女性を募集し、公娼としたのです。

「韓国人が韓国慰安婦を生み出した」
 当時韓国人女性を公娼に連れ出した韓国業者が居て、その手法がごく少数の間で強引さがあったことが問題で、韓国人が慰安婦を作り出したことを認識すべきです。

「当時の韓国事業者の安値受注が問題
 当時、日本国民であった韓国人業者には、当然のように軍の入札権があり、内地の日本人業者と比べ安い価格で入札に応じ、そして公娼権利を落札しました。多くの韓国出身女性が戦地に赴いたのは、韓国人事業者の安値受注が主因です。韓国従軍慰安婦問題は、韓国人が起こした問題です。

「村山談話」
 戦争当時も法治国家であった日本では韓国が主張する話、日本軍が無理やり女性を連れて行った行為は、ありません。自信を持ちましょう。談話の発表当時、まだ経済的に弱かった韓国に、村山首相が、優しい気持ちで女性保護のため発表したものです。

「韓国の歴史教科書から」
 残念ながら、この話しをいつまでも蒸し返すことは、日本人の気持ちを逆なでるだけであることを韓国は理解できないでしょう。韓国の歴史教科書はそういったことを一切触れておりません。それどころか皇族を狙ったテロリストを英雄にしたファンタジーな歴史を教育しているのです。それゆえ、今後日本政府は韓国に対する謝罪はなにも良いことを産まないことをもっと知るべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本は、一等国

おはようございます。

 私は亜細亜(アジアと認識をあえて分けます)諸国で仕事上色々な人と話をします。先週のハノイ、その前のプノンペン、バンコク、マニラ、シンガポール等々で共通して感じたことがあります。多くの方々が日本を一等国と認めて頂いている事です。

「大東亜戦争の評価」
 これから時間をかけて少しづつ考えを述べます。まずは、第2次世界大戦の亜細亜地域での評価について。日本では太平洋戦争と呼ばれる大東亜戦争の評価です。日本人の多くは負の評価ばかり語りますが、亜細亜諸国は彼らにとっての独立解放行動であったプラスの面を教えてくれます。大東亜戦争とはそれまで西洋諸国の植民地とされていた亜細亜の国々にとっての独立解放の始まりでした。

「05年8月17日」
 たとえば、インドネシアの独立解放記念日は05年8月17日で、05年とは、日本では使われなくなった皇紀2605年(西暦1945年)です。オランダの植民地であったインドネシアに対して日本軍の降伏後、再度オランダは統治を試み戻ってきましたが、残留日本軍の指揮下、みごと独立をもぎ取りました。今もこの出来事は重要で残留日本軍の行いは今でもとても尊敬されて...います。

「亜細亜諸国で評価されるべき歴史」
 これは1例です。大切なことは日本は、亜細亜諸国で評価されるべき歴史を持った一等国であることを日本人が再び認識できるよう行動をしなければならない時期が来たことです。
これから少しづつですが、一等国について書いて見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋分の日

秋分の日

九月二十三日は一般のお彼岸の中日にあたる秋分の日に天皇陛下が皇居内の皇霊殿(こうれいでん)において神武天皇をはじめとする歴代の天皇・皇后・皇族方の御霊をお祀りする「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」が執り行われます。

秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」となっていますが、昭和22(194...7年)までは秋季皇霊祭といいました。歴代天皇、皇族の霊が祭られている三殿の「皇霊殿」で行われるのが「皇霊祭」で一般のお彼岸の先祖供養にあたります。天皇陛下がお告げ文を読み上げ、皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下が拝礼します。100を超える歴代天皇について命日ごとに祭儀を行うのは大変ですので、春と秋の2回にまとめて皇霊祭として行われるようになったといいます。

それからこの日は御神楽「東遊」が学部によって奉ぜられます。これは第二十七代安閑天皇(531年-535年)の頃に駿河の有度浜(現在の静岡県三保松原)に舞い降りてきた天人の姿を象った(かたどった)舞とされています。

皇霊祭は江戸時代は仏式で行われていました。明治以降に神式になっています。この日はあわせて神殿祭というのも行われます。神殿祭は三殿の「神殿」で行われるもので、神殿に祭られている国内のさまざまな神の神恩に感謝する祭儀です。これも天皇陛下がお告文を読み上げ、皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下が拝礼します。

天皇陛下は年に30以上の祭祀を行われ、国民の安寧と五穀豊穣を祈られます。既に陛下はご高齢な上に、大変な激務をこなされています。11月23日の新嘗祭では硬い板の上に座布団も敷かずに2時間も正座しなければなりません。陛下は新嘗祭が近づくとテレビを見ながら正座の練習をして臨まれているといいます。

日本は聖徳太子の時代に「ウシハク」という豪族が民衆や領地を私物にして支配することから脱し、「シラス」という天皇が民衆のために公平に国土を治めるという優れた統治形態に移行しました。天皇は公的統治の理念上の体現者であり、民を「大御宝」として大切にし、民の安寧のために祈られます。そして民は天皇を信頼し、尊敬し、これにより天皇の権威は支えられ、安定した社会を築くことができます。天皇を中心においた「支配なき自己統治」という優れた国体でありましょう。このような国を残してくれた祖先に感謝、天皇陛下に感謝です。

以上について多くの方に知ってもらいたいので、2日遅れてシェア致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

9月2日は、敗戦の日

敗戦の日

「民族の罪は無い」

 大多数の日本人にとって、自分が生まれる前の原因で韓国・中国に日本の戦争責任の罪をいまだに責められていることに、私は憤りを感じ始めていまいました。罪とは個人のものであり、民族が負うものではありません。日本の罪を繰り返し問われても、自分で手を下していない罪を認めることは有り得ない。日本人の罪を問うような発言は2国に対する国民感情で「マイナス」を生むばかりです。

「ドイツ ワイツゼッカー大統領演説」

 同じ敗戦国であるドイツでは、ワイツゼッカー元大統領が演説で、ワイツゼッカー神話を作り、敗戦処理が終わった評価をとって、EU圏内で今大きな政治的な力を示しています。日本では、反日国家2国の活動で、未だ敗戦処理が終わっていないとされているかのようです。できれば今日、日本も世界に向かって「日本において、敗戦処理が終わった。」と演説をすべきです。

「朝日新聞の従軍慰安婦記事」 

 ここに来て、朝日新聞が従軍慰安婦問題で過去の記事の見直しに迫られているかのようです。大阪で聞いた話で噂の領域を出るものではありませんが、朝日新聞が主体となった大型施設のテナントに事実開示を迫られて動いたとの話もあります。それが事実とすれば、茶番情報をただ黙っていて、ちょっとした圧力で履替えした。こんな裏付けのないレベルの証言に韓国政府が動くことも「マイナス」です。

「戦争責任の明確化」

 毎年9月2日を敗戦の日として、「個人が罪を負うような雰囲気は間違い。」であると、また戦争責任は東京裁判や各国で施行された旧日本軍の軍人に対する絞首刑や銃殺をもってかなり果たしたのではないかと、日本国民に問いかけたいと思います。さらに日本との国交回復の時に、当時の首相であった中国の周恩来氏が「日本国民には戦争責任は無い。」という発言していて、その言葉を中国国民に問いかけたい。このような史実を問う日を始めたいと願います。

「対日戦勝記念日」

 トルーマン大統領が、ポツダム宣言に調印した9月2日を V-J Day (対日戦勝記念日)としたことで、アメリカ、カナダ、フランス等のV-J Day は9月2日です。フランスは、2000年9月2日に、対日戦55周年を記念する式典がでおこなわれました。旧ソ連ではV-J Dayは9月3日で、降伏文書に調印した1945年9月2日の翌日に、対日戦勝記念祝賀会が行われたため、ロシアでは、そのままV-J Dayとしています。中国も、ロシアと同じ、9月3日を抗日戦争勝利の日としています。旧日本帝国であった、台湾は、抗日戦争勝利の9月3日を軍人節としています。

 韓国は今年、中国と共同で戦勝記念を行う話まで出ています。そろそろ、世界に戦争責任の発信をしても良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

終戦の日

815日、終戦の日

「終戦の日」


   昭和20年8月15日は天皇陛下による玉音放送が流され、、日本の戦争行為が停止をしました。後に引揚者給付金等支給法で、8月15日を終戦の日としたため、「終戦日」となりました。さらに昭和38年(1963年)になって、8月15日に全国戦没者追悼式が行われ、戦歿者を追悼し平和を祈念する日となり、今日の「平和祈念日」の形なったようです。

「戦没者追悼の平和祈念日について」

 話は前後しますが、第2次大戦において亡くなられた人を追悼し平和祈念のため、日本政府が昭和57年4月13日に「戦没者を追悼し平和を祈念する日」を8月15日と決定しました。戦没者式典は、終戦記念日が死者を供養すべき日をお盆と重ねて、日本の風習に合わせたかのようです。最近、式典が内向きになり、亡くなった日本人のことや平和を願うを思う比重が高まってきていると感じています。
...
「沖縄における終戦の日」

 実際に唯一地上戦が行われた沖縄では、6月23日に組織的な日本軍の抵抗が終結したため、沖縄県では6月23日を慰霊の日とし、休日としています。本来、米軍による沖縄制圧は6月30日に完了し、沖縄戦の終結宣言は7月2日でした。さらに、南西諸島守備軍が、9月7日に降伏調印したことから、沖縄県の公式慰霊施設「平和の礎」では、沖縄戦終結の日を9月7日としています。沖縄において8月15日は終戦の日ではありません。

「日本にとっての敗戦の日」

 正式の戦争終結は9月2日を待たねばなりません。8月15日は戦争が終わった日ではなく、戦勝国には9月2日が対日戦勝記念日、つまり戦争が終わった日です。戦争が終わり日本人が負けた日なのです。「終戦」と言うあいまいな言葉が今の日本の状況を象徴しているように思います。「終戦の日」では精神や考えが曖昧になり、克己心が芽生えにくいと考えます。負けたことをはっきりするため、9月2日を「敗戦の日」とし、次に勝つ努力の継続が今の日本人に必要に思えます。

「海外は対日戦勝記念日」

 ちなみにイギリスでは、一般に8月15日をV-J Day(対日戦勝記念日 )としています。アメリカ、カナダのV-J Day は9月2日です。トルーマン大統領は、ポツダム宣言に調印した9月2日を V-J Day としたようです。フランスは、2000年9月2日に、対日戦55周年を記念する式典がでおこなわれました。旧ソ連ではV-J Dayは9月3日で、降伏文書に調印した1945年9月2日の翌日に、対日戦勝記念祝賀会が行われたため、ロシアでは、そのままV-J Dayとしています。中国も、ロシアと同じ、9月3日を抗日戦争勝利の日としています。旧日本帝国であった、台湾は、抗日戦争勝利の9月3日を軍人節としています。過去日本であった韓国は8月15日を光復節として、日本植民地解放を祝う日となっています。今年は中国と共同で戦勝記念を行う話が出ています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

原爆使用の正当化

原爆神話は勝者の物語

今日、8:15で広島に原爆が投下されて69年が経ちました。被爆体験者の平均年齢も79,4歳となったようです。人々の記憶風化が危ぶまれるほど時間が経ちました。

  今日の式典には、キャロライン・ケネディ米国大使が参加されます。このアメリカでは、原爆使用が正当化されていることを皆さんはご存知ですか。戦勝国の物語、つまり勝者の物語として原爆神話は広く信じられています。

「原爆使用の正当性について」

 広島・長崎の原爆使用について、アメリカの教育現場では、原爆使用の正当性を教えています。原爆使用正当性については「100万人を超える米軍兵士の無駄な死を救った。」としてています。実際にアメリカの高校の授業現場でヒアリングした際、日本人留学生以外全ての生徒がこの意見に賛同していました。被爆国の日本人から見ればひどい説明(言い訳)ですが、これが勝者の論理なのでしょう。

「正当化行為が歴史を創る」

 本来許されない原爆使用という非人道的行為をアメリカ軍が正当化するため、繰り返しになりますが、「100万人を超える米軍兵士の無駄な死を救った。」なる神話を創ったのです。この類は、今に始まったことではありません。あえて言えば過去の歴史は、勝者の論理で書かれているのです。今教えられている歴史の話の大半は勝者の物語なのです。いつの世も戦勝国側の正当化行為が歴史を創リます。

「原爆神話の果て」

 勝者の正当性を語る物語を戦勝国側がやめることはとても厳しい。日本が思うほど、世界は甘く有りません。残念なことながら、やがて人類は原爆神話の物語により、人類は原爆使用の日を迎えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

真人 私の名前の由来

私の名前 その2

「真人」

真人(まひと)は、684年(天武天皇13年)に制定された八色の姓(やくさのかばね)の一つで、最高位の姓です。当初は継体天皇の近親と、以降の天皇・皇子の子孫に与えられた姓です。この「真人」は道教由来のものとする説があり、八色の姓のなかでは道師も道教の神学用語と重なっているそうです。また天武天皇の諡(おくりな)の「瀛真人」(おきのまひと)は道教の神学では「瀛州」という海中の神山に住む仙人の高級者を意味しています。

「八色の姓」

八色の姓(やくさのかばね)は、天武天皇が684年(天武13)に新たに制定した「真人(まひと)、朝臣(あそみ・あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣(おみ)、連(むらじ)、稲置(いなぎ)」の八つの姓の制度のことです。 『日本書紀』の天武天皇十三年冬十月の条に、「詔して曰はく、更諸氏の族姓を改めて、八色の姓を作りて、天下の万姓を混(まろか)す。一つに曰く、真人。二つに曰く、朝臣。三つに曰く、宿禰。四つに曰く、忌寸。五つに曰く、道師。六つに曰く、臣。七つに曰く、連。八つに曰く、稲置」とあります。 天武天皇の国風諡号(和風諡号、わふうしごう)は、天渟中原瀛真人天皇(あまのぬなはらおきのまひとのすめらみこと)といい、「真人」が八色の姓の筆頭にあげられています。

「姓の運用」

実際に賜ったのは、真人・朝臣・宿禰・忌寸の上位四姓でありました。旧来の臣・連・伴造(とものみやつこ)・国造(くにのみやつこ)という身分秩序にたいして、臣・連の中から天皇一族と関係の深いものだけを抽出し、真人・朝臣・宿禰の姓を与え、新しい身分秩序を作り出し、皇族の地位を高めたものです。上級官人と下級官人の家柄を明確にすると共に、中央貴族と地方豪族とをはっきり区別していました。

ただ、すべての姓をこの制度に当てはめるということは行われず、従来あった姓はそのまま残されました。そのために古くからあった姓、臣・連・伴造(とものみやつこ)・国造(くにのみやっこ)などもそのまま残りました。

また、のちの冠位制度上の錦冠の官僚を出すことのできるのは真人、朝臣、宿禰、忌寸の姓を持つ氏に限られていたようです。

その1は以前、酒の神である「真人」を記述しました。今回、日本書記等の引用が多く、堅苦しいものとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

韓国 従軍慰安婦問題

韓国の国内問題

「従軍慰安婦は入札制度であった」

 当時、世界の軍は軍律維持のため、どの国も公娼制度を持っていました。そして当時の日本でも当然のように対応していたものです。旧日本軍は、公娼制度を創るため、入札制度で、業者の選定をしていました。韓国が世界で発信しているような軍が直接女性を連れて行くような事実は無く、日本人や当時日本人であった韓国人の業者が女性を募集し、公娼としたのです。

「当時の韓国事業者の安値受注が主因」

 当時、日本国民であった韓国人業者には、当然のように軍の入札権があり、内地の日本業者と比べ安い価格で入札に応じ、そして公娼の多くを落札したのが事実です。つまり、多くの韓国出身女性が戦地に赴いたのは、韓国人事業者の安値受注活動が主因です。韓国の主張する従軍慰安婦問題のほとんどは、韓国人が起こした問題と言えます。

「村山談話」

 韓国が演ずる日本軍が無理やり女性を連れて行く行為は、法治国家であった日本ではありえないと思われます。談話の発表当時、まだ経済的にも自立できていない小さな国家であった韓国に、村山首相が、優しい気持ちで発表したもので、この話しをいつまでも蒸し返すことは、日本人の気持ちを逆なでるだけです。

「韓国人が韓国慰安婦の主因」

 当時どのような手法で韓国人女性を公娼に連れ出したか、韓国が事実調査をするべきことです。韓国国民が慰安婦を作り出したことを認識すべきでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

原爆神話

勝者の物語

「原爆使用の正当性について」

 広島・長崎での原爆使用について、アメリカでは教育現場で原爆使用の正当性を作るため、「100万人を超える米軍兵士の無駄な死を救った」と教えている。実際にアメリカの高校でヒアリングした際、日本人留学生以外全ての生徒がこの意見に賛同していました。被爆国の日本人から見ればひどい言い訳ですが、これが勝者の論理なのです。

「正当化行為が神話を創る」

 本来許されない原爆使用といった非人道的行為をアメリカ軍が正当化するため、、「100万人を超える米軍兵士の無駄な死を救った」と言う神話を創ったのです。これは、今に始まったことではなく、過去の歴史は勝者の論理で構成されています。神話の世界はほとんどすべてが勝者の物語なのです。

「原爆神話」

 やがてこの物語により、人類は原爆使用の日を迎えるでしょう。日本が思うほど、世界は甘く有りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧