« 日本は、一等国 | トップページ | 秋分の日について »

従軍慰安婦問題

一等国 それは国民が自国に誇りを持つ国
そして働くことが報われる国です。

今回は、従軍慰安婦問題ですが、これは韓国の国内問題です。以下記載します。

「従軍慰安婦は入札制度であった」
 第2次世界選当時はまだ世界の軍は軍律維持のため、どの国も公娼制度を持っていました。当時の旧日本軍は、公娼制度を創るため、入札制度で、業者の選定をしていました。韓国が世界で発信しているような軍が直接女性を連れて行くような事実は無く、日本人や当時日本人であった韓国人の業者が女性を募集し、公娼としたのです。

「韓国人が韓国慰安婦を生み出した」
 当時韓国人女性を公娼に連れ出した韓国業者が居て、その手法がごく少数の間で強引さがあったことが問題で、韓国人が慰安婦を作り出したことを認識すべきです。

「当時の韓国事業者の安値受注が問題
 当時、日本国民であった韓国人業者には、当然のように軍の入札権があり、内地の日本人業者と比べ安い価格で入札に応じ、そして公娼権利を落札しました。多くの韓国出身女性が戦地に赴いたのは、韓国人事業者の安値受注が主因です。韓国従軍慰安婦問題は、韓国人が起こした問題です。

「村山談話」
 戦争当時も法治国家であった日本では韓国が主張する話、日本軍が無理やり女性を連れて行った行為は、ありません。自信を持ちましょう。談話の発表当時、まだ経済的に弱かった韓国に、村山首相が、優しい気持ちで女性保護のため発表したものです。

「韓国の歴史教科書から」
 残念ながら、この話しをいつまでも蒸し返すことは、日本人の気持ちを逆なでるだけであることを韓国は理解できないでしょう。韓国の歴史教科書はそういったことを一切触れておりません。それどころか皇族を狙ったテロリストを英雄にしたファンタジーな歴史を教育しているのです。それゆえ、今後日本政府は韓国に対する謝罪はなにも良いことを産まないことをもっと知るべきです。

|
|

« 日本は、一等国 | トップページ | 秋分の日について »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/62296704

この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦問題:

« 日本は、一等国 | トップページ | 秋分の日について »