« 従軍慰安婦問題 | トップページ | 伊勢神宮 神御衣祭(かんみそさい) »

秋分の日について

一等国には国体があります。

秋分の日について少し長い内容ですが、お付き合いください。

 秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」であり、昭和22年(1947年)までは秋季皇霊祭といいました。歴代天皇、皇族の霊が祭られている三殿の「皇霊殿」で行われるのが「皇霊祭」で、秋季の祭が一般のお彼岸の先祖供養にあたります。

 9月23日、一般のお彼岸の中日にあたる秋分の日に天皇陛下が皇居内の皇霊殿(こうれいでん)において神武天皇をはじめとする歴代の天皇・皇后・皇族方の御霊をお祀りする「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」が執り行われます。今日、天皇陛下がお告げ文を読み上げ、皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下が拝礼したことでしょう。実際100を超える歴代天皇について命日ごとに祭儀を行うのは大変ですので、春と秋の2回にまとめて皇霊祭として行われるようになったといいます。

 皇霊祭は江戸時代は仏式で行われていました。明治以降に神式になっています。この日はあわせて神殿祭というのも行われます。神殿祭は三殿の「神殿」で行われるもので、神殿に祭られている国内のさまざまな神の神恩に感謝する祭儀です。今日この日は御神楽「東遊」が学部によって奉ぜられます。これは第二十七代安閑天皇(531年-535年)の頃に駿河の有度浜(現在の静岡県三保松原)に舞い降りてきた天人の姿を象った(かたどった)舞とされています。

 天皇陛下はこのような祭祀を年に30以上行われ、国民の安寧と五穀豊穣を祈られます。既に陛下はご高齢にかかわらず大変な激務をこなされています。たとえば、11月23日の新嘗祭では硬い板の上に座布団も敷かずに2時間も正座しなければなりません。陛下は正座の練習をして臨まれているといいます。

 天皇陛下は公的統治の理念上の体現者であり、民を「大御宝」として、民の安寧のために祈られます。民は天皇陛下を信頼し、尊敬し、これにより天皇陛下の権威は支えられ、安定した社会を築くことができています。天皇陛下を中心に「支配なき自己統治」という優れた国体を持つこのような国を残してくれた祖先に感謝、天皇陛下に感謝です。

|
|

« 従軍慰安婦問題 | トップページ | 伊勢神宮 神御衣祭(かんみそさい) »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/62338136

この記事へのトラックバック一覧です: 秋分の日について:

« 従軍慰安婦問題 | トップページ | 伊勢神宮 神御衣祭(かんみそさい) »