« 2014年10月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年1月

名古屋市営地下鉄の表示について

名古屋市営地下鉄の不可解標示について

「急ぐ人はエスカレータ利用禁止」

 名古屋市営地下鉄では、全てのエスカレーターの利用時に一切の歩行を禁止標示をしています。歩行禁止について時と場合によって必要なこともあるとは思います。が、空いている時間も一律禁止です。その上、急いでいる人は「階段で登れ」とまで標示しています。

「安全のため、歩行禁止」

 禁止理由を確認したところ、「エスカレーターを歩く衝撃でエレベーターの安全装置が作動する恐れがあり、危険だから歩行制限している」。これが理由でした。...東京では、メトロやJR等の公共の場でこの様な表記を見た事はありません。こんな禁止をしたら駅が混乱してしまうでしょう。名古屋市営地下鉄が主張するように人が歩く衝撃で、停止するならば、エスカレーター製造者の設計ミスです。

「本当にしたいこと?」

 名古屋市営地下鉄のあり得ない言い訳が不満です。急いでいるからエスカレーターすらかけ上がる人を抑制したい目的が本当にしたいことではないかと推量しますが、大きく逸れています。

「守れないルールの影響」

 さらに従いにくい標示内容ゆえ、急ぐ人たちからは結局無視されています。反って表記を無視されて不満を持つ人たちからは反感を買いマイナス効果しか生んで居ないと感じます。
素直に「迷惑だからエスカレーターをかけ上がらないでください。」にしないと、道徳心にも響かないと考えます。

 エスカレーターのエチケットとして、「成るべく静かに歩いてください。」辺りが妥当な表記かと思いますが、皆さんは如何でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年10月 | トップページ | 2015年9月 »