« 原爆神話 | トップページ | 32年ぶりの温泉法表記改訂 »

韓国 従軍慰安婦問題

韓国の国内問題

「従軍慰安婦は入札制度であった」

 当時、世界の軍は軍律維持のため、どの国も公娼制度を持っていました。そして当時の日本でも当然のように対応していたものです。旧日本軍は、公娼制度を創るため、入札制度で、業者の選定をしていました。韓国が世界で発信しているような軍が直接女性を連れて行くような事実は無く、日本人や当時日本人であった韓国人の業者が女性を募集し、公娼としたのです。

「当時の韓国事業者の安値受注が主因」

 当時、日本国民であった韓国人業者には、当然のように軍の入札権があり、内地の日本業者と比べ安い価格で入札に応じ、そして公娼の多くを落札したのが事実です。つまり、多くの韓国出身女性が戦地に赴いたのは、韓国人事業者の安値受注活動が主因です。韓国の主張する従軍慰安婦問題のほとんどは、韓国人が起こした問題と言えます。

「村山談話」

 韓国が演ずる日本軍が無理やり女性を連れて行く行為は、法治国家であった日本ではありえないと思われます。談話の発表当時、まだ経済的にも自立できていない小さな国家であった韓国に、村山首相が、優しい気持ちで発表したもので、この話しをいつまでも蒸し返すことは、日本人の気持ちを逆なでるだけです。

「韓国人が韓国慰安婦の主因」

 当時どのような手法で韓国人女性を公娼に連れ出したか、韓国が事実調査をするべきことです。韓国国民が慰安婦を作り出したことを認識すべきでしょう。

 

|
|

« 原爆神話 | トップページ | 32年ぶりの温泉法表記改訂 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/59185095

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国 従軍慰安婦問題:

« 原爆神話 | トップページ | 32年ぶりの温泉法表記改訂 »