« マスメディア | トップページ | 愛知県の渡辺氏 »

タイ選挙

静かな選挙
「選挙の実態」
 昨日まで、バンコックやチェンマイ方面に行ってきました。タイの現地では2月3日は華僑の旧正月中での議会選挙で、街中、のどかに選挙が展開していました。選挙のため、通行禁止ととなった中心地ルンピニ公演前の交差点である、ラマ4世ロードとシーラムロード交差点で上には、大きな高架橋のタイベルジムブリッジがあり、その下では大きな日除けテントが張られていました。テレビを騒がしている黄色のシャツは保守派のアルバイトとのことで、テレビ局がくると少し騒いでいましたが、それ以外はこの大きなテントで皆、寝ころんでいました。また、通行止めの幹線道路にはいたるところに露店が出ていて、見物客で通りは溢れかえっていました。日本のマスコミが言う危険な雰囲気は全くなく、保守派の演出と感じました。
「投票率26%」
 バンコックで会った人たちは、今回の選挙には批判的で、実施する意味が無いといった感じがしました。彼らの言葉では、黄色シャツの保守派にお金が回り、アルバイトで創られたデモ部隊が報道目当てにルンピニ公園前に陣取っているだけとのことでした。実際、スローガンをコールするわけでもなく、大体テントの下で寝転がっているアルバイト(と現地では言っていました)だけでした。
なお、現在国王の体調がすぐれないから、もし、崩御でもされたら、また選挙だろうとも言っていました。結果、バンコックでは、静かな選挙でした。
「地方部」
 地方の街にも行ってきました。訪問したランパン等は、華僑が多いとことでは4日であったに関わらず、街には獅子舞が繰り出し、のどかな正月風景で、選挙をしていることを忘れているかのようでした。
「日本の報道は事実を伝えていない」
 前回のブログで記載したように、日本でのマスコミ報道は虚飾に満ちていました。全く安全でした。マスコミを信ずるべからず。なお、この報道のおかげで、飛行機はガラガラに空いていて、快適な空の旅となりました。

|
|

« マスメディア | トップページ | 愛知県の渡辺氏 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/59085505

この記事へのトラックバック一覧です: タイ選挙:

« マスメディア | トップページ | 愛知県の渡辺氏 »