« 水泳 | トップページ | 今日の出来事 »

福島県産食材の風評被害

発信者不明の無責任発言が原因

「たとえば、瓦礫処理」

 瓦礫処理において、多くの地方自治体が受け入れを表明できずに今年に至っています。そんな中、東京は早々受け入れを表明していました。その理由を探ると重要なことが見えてきました。当時の石原都知事は、発信者不明の発言を無視し、発信者がわかるはっきりと意見を持つ人たちの発言を拾い、そして、瓦礫受け入れを実施しました。石原都知事だから出来た面があるかも知れませんが、発信者不明の意見の多くは、「放射能の被害が不安である。」との話しばかりで、対応不要な意見だったのです。

 それに対して、受け入れが出来なかった自治体は、「放射能の被害が不安である。」と言う無記名の投書や発信者不明の発言に反応し、自分たちへの批判(投票人気)を恐れた政治家が動けず、また、自分たちへの批判を想定した担当役人は、思考停止をしているのです。発信者不明が作り出した幻に日本行政は機能を活用できない状況です。

「記名発言以外は全て却下」

 現在の日本では、発信者不明の無責任な発言で、裏づけの無い不安が増長し、その結果が風評被害となってきています。この結果として、「ただただ、不安である。」が社会を停止させています。このままでは、日本社会が停滞します。対応としては、記名発言の中での、話し合いを実施することです。つまり、発信者不明の意見は全て却下することです。これにより、実りある解決策が出てくるでしょう。

「福島県産の食材対応」

 福島県産の食材は、現在も海外では、売れない状況です。日本国内でも売れ行きはすぐれていないようです。この風評被害を解くには、記名発言の場であるフェースブック等で、優先購入の場を作ることを考えています。この意見に同調される方にお願いします。グループや仲間が活動している状況等、お知らせ下さい。

|
|

« 水泳 | トップページ | 今日の出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/58875869

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県産食材の風評被害:

« 水泳 | トップページ | 今日の出来事 »