« 靖国問題 | トップページ | 福島県産食材の風評被害 »

水泳

泳ぐ

「マスターズ」

 小学生時代から水泳に勤しみ、大学の途中までは水泳部でしたが、20歳から20年以上も泳ぐことをさぼってきました。そして2006年から再開し、もうすぐ8年が経ちます。今は出来るだけ毎週1回以上を目標に泳いでいます。昨年はマスターズスイミングにも参加しはじめ、やっと競技者の端くれに戻れた気がします。

「脳内酸欠状態」

 再開した当初は、一時間1000mがやっとで、毎回溺れかけていました。まず、足を何度もつらせ、そののち腕までつっていました。タイムもガタガタで計れたものではありませんでした。スイミングスクールの子供にスイスイ抜かれる。しかし、過去のプライドで50mの公式プールでなんとか泳ぎたい。ただし、水深は2mあって、そのため足は着かず当然途中で止まれないので、泳ぎながら走馬灯が回る体験もしました。子供時代の忘れた思い出が頭をめぐっていました。脳内酸欠状態です。なかなかおもしろい体験でした。

「自分と戦う精神力」

 水泳のような個人競技はいつも自分との戦いです。勝ち負けは全て自分との戦いの結果なのです。ここで培われた自分と戦う精神力は今も生活で生きています。これが今の自分に最も価値ある成果となりました。今後も自分の体と精神維持に長く続ける所存です。今年も競技参加に向けて頑張ります。

|
|

« 靖国問題 | トップページ | 福島県産食材の風評被害 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/58836271

この記事へのトラックバック一覧です: 水泳:

« 靖国問題 | トップページ | 福島県産食材の風評被害 »