« シノフォビア 中国嫌悪思想 その2 | トップページ | 靖国問題 »

才と徳

人は気持ちで動く

「才」

 これは、頭が良い度合いを示す言葉でしょう。才が高ければ、頭がめぐり機転が利くイメージです。英語では「talent」。ギリシア・ローマ時代の金の単位でもありました。形容詞では「clever」。時にずる賢いの意味を含んでいます。皆それぞれに自分の尺度を持つ中、この尺度が自分になった人物を自己中心と言います。相手の気持ちを考慮できず、自分の尺度で物事を自分で決めるからです。

「徳」

 これは、心が良い度合いを示す言葉です。徳が高ければ、人を愛し、人に親切にする。人を助ける。恩を感じる。恥を知る。正義・忍耐・勇気を持つ。英語では「virtue」、天使と同等の5階級を示す言葉でもあります。近い意味では「smart」がある程度同様な意味を含んでいます。そしてこの尺度が判断の中心になった人物を「君子」「聖人」と考えます。

「才と徳」

 多くの人は皆この間のバランスで生活をし、比重が多少どちらかに偏っています。また、私生活と仕事の場でもバランスが変わるものです。ビジネスの世界では、競争世界であり、どうしても「才」比重が高い状態になります。なぜならば、即断即決が優位であり、そのときに多くの意見の集約を待てないからです。なお、これに独善が加わると「才走る」人となります。

「才走る」

 個人的には付き合えた人でも、仕事になると関わりが保てない「才走る」人と過去、いろいろ会ってきました。仕事上「才走る」人の特徴は、次のことです。
1、自分の権益が最優先。自分が得たと自分で決めた権益を絶対に譲らない。
2、自分の主張を守るためには、いかなる話も持ち出し、論点をすり替える。嘘までつく。
3、自分のことは棚に上げ、相手の問題を攻撃する。個人の尊厳領域すら踏み越える。
4、頭が良いので、その場をやりこめ、相手を誘導できたとこれまた自分で決めている。
つまり、徳が低く、自己中心です。

「人は気持ちで動く」

 才走り、言葉で打ち負かされた相手は、長期的には敵に回りやすく、結果「才走る」人は損します。また、「才」ある相手は、まともに相手をしなくなり、やがて「才走る」人の存在を忘れ去ります。それは「才走る」人と話をした後、誰もが気持ちが良くないからです。言葉に負けた人間には恨みを買い、賢い人間には私生活まで距離を置かれます。人は最後、気持ちで行動を決めるのです。これを大切にしない才の人は最終的に孤独です。

|
|

« シノフォビア 中国嫌悪思想 その2 | トップページ | 靖国問題 »

心構え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/58719391

この記事へのトラックバック一覧です: 才と徳:

« シノフォビア 中国嫌悪思想 その2 | トップページ | 靖国問題 »