« 東海豪雨 | トップページ | 酒で栄える »

911同時多発テロ

911同時多発テロの発生から12年  
  
2001年9月6日ペンタゴンに行ってきました。当時の文章を記載します。

ペンタゴンでは、1773年の陸軍創設からの歴史が廊下に整然と並んでいました。米軍は米国の成立より3年歴史が長いことを相当の誇りとしていました。200年以上にわたる戦争の歴史の変遷に合わせたストリーマが整然と沢山飾ってありました。(ストリーマ;旗の先に付ける細い布)一つひとつは歴史であり、成果であると考えているそうです。
                    
 米国の軍は「誇り」の歴史であるようです。軍の創設から個々の軍人に与えた、勲章受賞者の全ての名前が並んでいるコーナーがあり、この場所で毎年英雄を表彰しています。殉職者を称えることを中心に個人の名誉(誇り)に相当の配慮があるのです。命を冒したり、失ったことで得る「誇り」には命を失う「リスク」が表裏一体で存在していることを肌で知る場所です。
                
 その後表敬訪問した参謀議長Richard Myers氏の部屋にも、そのストリーマの飾りがついた旗が沢山ありました。軍のアイデンティティがはっきりと示され、「誇り」を持って示されているのです。この誇りを見せられた米国市民は軍をどのように見ていることであろうか。
 その日、ペンタゴンからもっとも信頼すべきパートナーは日本の自衛隊と言われた。その世界第2位の実力を持つ「セルフディフェンスフォース」は軍の名誉を日本国内で与えられていない。隊員はいかに「誇り」を維持しているのか、もっと考える必要が有ると思います。  
 その数日後、アメリカの同時多発テロが、くしくも起こりました。「誇り」と「リスク」は隣り合わせであることを実際に突きつけられたのです。ほんの数日前、同一の場所ペンタゴンにいたのです。併せて生きていく「リスク」を強く感じました。米国は傷ついた「誇り」をどのように戻していくか。米国にキリストの「やさしさ」を期待します。
「やさしくないアメリカ」
 私は「やさしさ」の成り行きを12年、見守ってきました。が、どうしても「産軍複合体」の力が目立つように思います。そして今、シリア問題にに対してアメリカ世論が動かない場合、ペンタゴンがどういった方法をとるか、予想が付きません。

|
|

« 東海豪雨 | トップページ | 酒で栄える »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/58170135

この記事へのトラックバック一覧です: 911同時多発テロ:

« 東海豪雨 | トップページ | 酒で栄える »