« 旧耐震基準は危険? | トップページ | 憲法改正 現行の世界ルールから »

憲法改正

96条改正について

「憲法の精神」

 為政者から国民を守るルールが憲法です。為政者を管理し制御している憲法を為政者にとって改正しやすい憲法にしては、危ないように思えます。

「押しつけ憲法論」

 アメリカに策定された憲法の良し悪しは論議が多いのですが、無条件降伏をしたに関わらず、ここまで豊かな社会に出来た点を現行憲法において評価しています。ただ、私は、現実の世界に沿わない第9条をそろそろ変更したい。

「憲法改正」

 安部政権が唱える96条改正をする憲法改正方法の見直しは、本来本題ではない。彼らは本音である9条の見直しを考えているはすです。9条の改正は大いに賛成します。現行の憲法改正方法は、議員数の2/3以上賛成取り付けが、世界標準的な取り決めです。議院が国のことを考えれば、2/3以上賛成取り付けは出来ます。改正手法である96条は変える必要は無いと思います。

「憲法9条改正」

 それよりも、9条を改正し、「軍」の常設、交戦権の回復、自国民や海外資産の外国での保護を正面から論じ、変更したい。その程度の国民の同意を取って、憲法改正を進めて欲しい。今ならば、それが出来ると思います。

|
|

« 旧耐震基準は危険? | トップページ | 憲法改正 現行の世界ルールから »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/57367301

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正:

« 旧耐震基準は危険? | トップページ | 憲法改正 現行の世界ルールから »