« 憲法改正 現行の世界ルールから | トップページ | 橋下共同代表 »

橋下氏の慰安婦発言

従軍慰安婦問題

「慰安婦発言」

 橋下氏の慰安婦発言について、私は橋下氏親派ではありませんが、時代背景さえ現在にシフトしなければ、おおむね賛成です。また、彼のデューデリ癖に対して、ある意図が働いて、橋下氏の言いたいことを曲げて報道されています。先日のある新聞コラムでは、女性の心を踏みにじるとか、米軍司令官を凍らせる発言もあり、橋下ブームもおしまいよ。など、相当書かれていました。しかし、書いた当人は実名も明かさず、一方的個人バッシングが、納得できません。現在の男女平等権と混ぜず、個人批判ではなく、従軍慰安婦問題を解く記事を期します。

「従軍慰安婦強制連行について」

 韓国が国際的に主張している従軍慰安婦の「強制連行」について、異論が有ります。まず、「強制連行」について多くの韓国人が深く関わっていたことをはっきりする必要が有ります。当時の従軍参加の相当数は入札制度で決定されていて、韓国の業者が日本内地の業者より安く入札した結果、韓国人慰安婦が多くなったようです。また、一部少数の女性に業者による強制連行が有ったのでしょうが、多くは金銭目的の参加だったことなどを正確に両国で調査し、日本と韓国の歴史認識を調整すべきです。

「従軍慰安婦制度」

 当時、従軍慰安婦制度があったがゆえ、日本軍は現地での規律正しい軍となった一因と見ています。。日本兵は給金をもらうと律義に列を作って順番を待っていた話しもあるぐらいです。過去多くの軍で運用された制度で、日本だけ従軍慰安婦の扱いが間違いと表明する必要は有りません。

|
|

« 憲法改正 現行の世界ルールから | トップページ | 橋下共同代表 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/57380789

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下氏の慰安婦発言:

« 憲法改正 現行の世界ルールから | トップページ | 橋下共同代表 »