« 夜と霧(ドイツ強制収用所の体験記録)その2 | トップページ | 憲法改正 »

旧耐震基準は危険?

耐震基準について

「旧耐震基準設定」

 関東大震災の次の年、1924年(大正13年)に制定されました。それゆえ、古い建物がこの基準に沿っています。対象の建物は一定基準以上の一般の建物を含んでいて、ビルだけを対象先としていません。古い分、小型の建物が多く含まれて居ます。

「1981年に新耐震基準設定」

 新耐震基準設定では、横揺れ地震の曲げモーメントの耐震係数を旧耐震基準から20%上げたもので、縦方向の剪断応力(ぜんだんおうりょく)についてはさして見直しをしていません。実際縦ゆれの直下型阪神淡路大震災では、新耐震基準のビル数%が大破被害を受けています。

「1995年阪神淡路大震災のビル倒壊事例」

 新耐震のビルが倒れ、旧耐震のビルが残った事例が沢山出ました。公式発表では旧耐震基準の「建物」が30%大破、新耐震基準の「建物」数%が大破とあります。が、ビル以外を含んでの数字です。私は、同等の構造ビルでは、新耐震基準が優位ではないと考えています。

「耐震基準は設計時の基準」

 耐震基準はあくまで、設計時のルールであって、施工のレベルまで評価出来ません。さらに地盤や材料の良し悪しは基準ではカバーできません。旧耐震設計基準で有っても、基準以上に立派に設計した例や、職人の腕が良く、綺麗に仕上がった例など、新耐震基準のビルの方が良いとは言えないビルは今でも沢山あるのです。

|
|

« 夜と霧(ドイツ強制収用所の体験記録)その2 | トップページ | 憲法改正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/57314369

この記事へのトラックバック一覧です: 旧耐震基準は危険?:

« 夜と霧(ドイツ強制収用所の体験記録)その2 | トップページ | 憲法改正 »