« コンビニ弁当の危険性 | トップページ | 無題 »

克己

インドの神から

「破壊・創造・維持」

 神話の話から。インドの3大神は破壊がシヴァ神、創造がヴラフマー神、維持がヴィシュヌ神。これがセットされて人類は生きていると、インドでは昔から考えています。ヴィシュヌ神がうまく行かなくなると、シヴァ神が動き、そしてヴラフマー神が動く。維持された価値が破壊された後、創造をする。と過去の神話が語っています。

「動こう」

 「動こうとするとその方向が悪い方向に見える」という心理的な傾向を「ダウ&ワーラン効果」と言うようです。行き先が不明で予想が出来ないときは、精神衛生を悪くさせ、怖いと思う本能がひとには働くのだそうです。自分の本能に打ち勝つのは、己の信念か、信ずる人の言葉について行くことの2つ。行き先が見えないときは、考え動く人を信じて付いて動くか、己が動いて変えるしかないのです。

「考えること」

 日本人は個人の経済的豊かさを中心にし、人生の本当の豊かさを失いつつあるように感じています。皆、世間のレールに乗って、信じていないに関わらず、其処から外れないこと、つまり維持に疲れている。自分の頭で考え、体で動き日々の慣性破壊によって既存概念レールから離れる時期ではなかろうか。一端レールを離れ、自らレールを作るか、信じる新しいレールに乗る。しっかり考えよう。

「自分に言い聞かす」

 実は、自分が近年で最も苦しんでいる。だから、こんなことを書いて自分に活を入れているのです。克己。己に勝ちます。

|
|

« コンビニ弁当の危険性 | トップページ | 無題 »

心構え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/57193186

この記事へのトラックバック一覧です: 克己:

« コンビニ弁当の危険性 | トップページ | 無題 »