« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

桜だより

名古屋の桜は、3部咲き
 東京が昨日満開とであったことと比べると不思議な気がします。気温差がないに関わらず、どうしてこんなに差がついたのでしょうか?例年名古屋の方が少し早いのですが、今年に関しては不思議です。
5942_536035523106775_596433044_n

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

渋谷ハチ公前 桜

おはようございます。

都心では朝に通り雨が少しありましたが、6:30~晴れてきました。今はすっかり晴れています。今日は暖かくなる予感がします。

この写真昨夜、渋谷ハチ公前で写したものです。

桜が満開でした。487457_535521273158200_209263609_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

彼岸入り

「名古屋、日の出5:59 日の入り18:02」

 春分の日2日前、日照時間が12時間を越えました。春の実感が湧いてきました。桜も開花し始めました。今日は多少冷えるようですが、もう少しで寒かったことを忘れ、暑い日の報道で溢れることでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いのちへの感謝

いただきます。

「以前新聞で出ていた話」

 学校給食で毎日食事をする前に皆で「いただきます」をすることについて、ある親から学校にクレームが入りました。「給食費を払っているのに頂くとは何事か。即刻中止しろ。」というものです。これに対して学校側はそのご意見を組み入れ給食時に「いただきます」を唱和することをやめにしたそうです。

「人間の業を毎日確認」

 本来、お釈迦様の教えでは、自分が生きるために他の「いのち」を殺す、そして自分に取り入れる。自分が生きるため相手(動物や魚、植物など)の「いのち」を絶つ。これが「殺生」なのです。人は「殺生」を行い、相手の「いのち」をいただく。そうしないと人は生きていけない。だから心から相手の「いのち」に「本当に申し訳ない。」と念じ、「いただきます。」を唱えるのです。相手の「いのち」を絶つことでしか生きることが出来ない人間の業を毎日確認することが大切と教えています。

「いのちへの感謝」

 このような、生活においての基本的な「いのちへの感謝」を、学校が教えきれない不安があります。生活常識や文化の後退に怖いものを感じます。子供たちは自分の力で生きていると思い込み、傲慢になり、「いのち」に対して「やさしさ」を失ってきているのではないでしょうか。

「道徳」

 給食費未納問題も発生しているので、ここで提案します。教育は国の最も重要な事業と捉えています。高校までの給食費全て無料とし、そのかわり「いただきます」を必ず唱和することにする。そして道徳を向上させる。そうすれば日本の明るい未来が見える気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

東日本大震災から2年

おはようございます。
本日、東日本大震災発生から2年となりました。マスコミではきっと復興に向けた動きの検証が多くされることでしょう。ただ、関与される人が多いゆえ復興進捗が困難を伝えると思います
関係者皆様の復興支援が、今後も支援を続けて行けることを心から祈念いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東日本大震災

明日、東日本大震災から2年

 早いもので明日11日、東日本大震災から2年です。亡くなった方、被災された方、家族を失った方、さらに家を失ったり、追われた方のことを思うと悲しみで万感尽きるものがあります。
心から黙祷をささげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かわいい

人間関係維持キーワード

「人間関係円滑化」

 「かわいい」は、日本の女性社会における人間関係円滑化のキーワードと考えています。とても感覚的で、主観的ゆえ、反対しにくい、反感を持たない言葉です。女性は女性から言われて嫌な気がしないはずです。

「言葉の負の要素」

 男性社会より言葉にシビアな社会が女性社会には存在し、女性同士で人を褒める場合、賢い・美人・出来る人(語学や芸能等)、いずれの言葉にもどこかの面に負の要素「マイナス}が存在します。

「かわいい」

 この言葉には、女性にとって「マイナス」要素が感じられないのでしょう。まだ、感覚的な日本だけの言葉かも知れませんが、この言葉には日本発信の「世界共通語」の可能性を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おしっこスタイル

スタイルの多様化

「ズボンを下げて用をたす」

 チャックを開けて小用をたしなむのが、標準と思っている私にとって、最近、不思議な小用の足し方を見かけることがあります。それは、ベルトをはずし、ズボンの前を開けてする(半分下げているかのような)おしっこスタイルです。たまに見かけるようになりました。

「若者に座ションが増えた?と仮説」

 表題原因を推測すると、洋式のトイレが自宅に増えて、小用をたす際に、座ってする習慣が出来たからと、一人勝手に考えています。家庭で女性の発言権が増し、便器を汚さないため、座って小さいころから習慣にされたのではないでしょうか。こうなると、チャックを開けて小用をたすことが出来なくなっているのでは?

もっと他に理由があるか、ネットで聞きました。

「フェースブック等での回答」

1、前穴のないブリーフを履いていてチャック開けただけじゃちょいと面倒なんですよね。ズボン下げないと。

2、お気に入りのズボンは股上が浅くて、十分に開かないで~す。

3、開放感がある。

想定外の回答でした。

「仮説は外れた」

 結論としては、個人の趣味によることが多いようで、座ションははずれ?でした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

PM2、5 微小粒子状物質

TTP参加表明の交換条件か?

「大気1立方メートル当たり1日平均70マイクロ・グラム超とする暫定指針に変更」

 昨日、PM2.5の基準が、京都議定書に定めた35mg(マイクロ・グラム)から70mgに緩和されました。PM2.5の環境基準値はこれまで、日本では35mgですが、米国基準が70mgであり、この基準を縦に、米国製大型トレーラー等の輸入は制約されてきました。多分、TTP参加表明の交換条件と見ています。

「取って付けた言い訳」

 座長の内山巌雄・京都大名誉教授は、「この環境基準は非常に厳しく、超えてもすぐに健康に影響が出る値ではない。」とのこと。ただ、この指針は、健康な大人を想定した値で、子どもや高齢者などはこの値に達しなくても注意してほしいとしていました。

これでは、基準変更の言い訳にはなっていないと思います。

「意味不明となった基準」

 環境省によると、全国各地に自治体などが設置している測定局では今年度、1日平均濃度が70mg超となったケースはほとんどなかったため、実際に注意喚起があるのは、全国の日数を合わせても年間10日程度ではないかと推測しています。

それであれば、35mgのままで良いはずです。これは、TPP参加表明の最初の弊害ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »