« 北朝鮮 | トップページ | TPP 環太平洋戦略的経済連携協定について »

隕石

直径17m、1万トンの石

「もし、都会に落ちたら」

 広島型15Kt級原爆の数百倍?の爆発。なにを基準に算出された数字か今一わかりませんが、都会に落ちたらきっと大惨事にはなっていたのでしょうね。NYCのエンパイアステートビルディングが折れたり、北京の中南海に大穴が開いたりしたら・・・。

「天災」

 これが本当の天災ですね。空から1万トンの石が、マッハ15程度で飛び込んでくるのです。空が落ちると心配することを「杞憂」といいますが、まさしく手の施しようがない。ただ、人間が出来ることは限られているが、やはり対策を考えておくべきとは思います。

「杞憂」

 ところで、過去の歴史でも、人類の動きを変えたのは、天候不順による飢饉がもっとも大きな原因でありました。その元は、太陽活動変動です。これから太陽が活動期を脱してきます。それによる冷害が心配ですが、隕石が頭に当たる不安同様、杞憂であることを希望します。

|
|

« 北朝鮮 | トップページ | TPP 環太平洋戦略的経済連携協定について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/56775855

この記事へのトラックバック一覧です: 隕石:

« 北朝鮮 | トップページ | TPP 環太平洋戦略的経済連携協定について »