« 衆議院議員選挙 | トップページ | 12月21日 冬至 »

安倍自民党政府

柔軟かつ若い組織であった明治政府

「坂の上の雲から」

 20年以上も前に小説を読んで感動したことと、改めて読んで感じることが違う。ただ、全く20年以上の前と同じことを感じた点がある。明治政府は柔軟かつ若い組織であったことです。たとえば、小説の主人公である当時30歳の秋山好古に騎馬隊編成の全権を任したりしていたものです。

「最新技術の取り入れ」 

 軍の編成や基本装備はプロイセン・ドイツ。騎馬はフランス。船はイギリス。明治政府はいいとこ取り。今の中国政府が各国の良い点を無差別?的に取り入れていることと同じではないでしょうか。相当柔軟でした。今の日本では統一がなければ駄目と言って却下されるだけだろうと見ています。このまま現代の国際競争に日本は負けると思います。

「明治政府の硬直化」

 明治政府が硬直化したのは、よくも悪くもロシアに偶然勝ったことに始まりました。勝てるはずのない戦争で勝ってしまったことで、装備や数より、勝つことは精神力だと考えるようになった。その後、陸軍が中心となり、理性を欠いた政府を主導し、やがて第2次世界大戦にいたる。成功体験が、組織を硬直化させた事例でしょう。

「安倍自民党政府」

 第二次世界大戦後、自由党と民主党による50年体制が出来ました。そして今、50年体制が崩壊した状態の日本が有ります。ここに、安倍自民党政府が発足します。これからどのような組織を創り、憲法を見据え政治を動かすか、見守るしか有りません。

|
|

« 衆議院議員選挙 | トップページ | 12月21日 冬至 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/56351489

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍自民党政府:

« 衆議院議員選挙 | トップページ | 12月21日 冬至 »