« オスプレイ | トップページ | ギリシャの近況 »

社会の素人化現象

日本社会の素人化懸念

「芸能社会の素人化」

 かつては、NHKの審査で選考され、舞台に立つことが歌謡社会のステイタスであった「紅白歌合戦」。昨年は、AKB48に登録されているスタッフ140名以上の高校生中心の素人が舞台に立った。会社が秋葉原にある関係で、彼女たちの舞台を偶然見ることがあるが、学芸会の延長レベルの素人に見える。あの街で行うことは賛成ではあるが、NHKの晴れ舞台には出して欲しくない。NHKに出場する価値が下がり、芸能界のプロの道が高尚なものではなく、茶番になり、幼稚なものに見えてしまう。実際にプロレベル低下が見られる。

「政治の素人化」

 民主党政権になって、政治が幼稚化した。今回やっと防衛相がプロに戻ったものの、以前は素人の傾向が強い。ある政治家は、防衛を知らない素人が自衛隊を指揮できることが本当の文民統制と言っていた。これでは国の防衛は不可能だ。軍人でないが、プロが指揮することが文民統制の魂であることもわからない。今の財務大臣も、財務音痴で有名だそうだ。素人政治で日本政治の幼稚化はまだまだ続く。

「国民の幼稚化」

 自国の成り立ちや歴史も知らない人が増えた。会話には受け売りが増え、裏にある歴史観を理解せずに居る幼稚化現象だ。宗教観がしかり。裏づけを知ろうともせず、たやすく日本人を無宗教と海外に語る。素人社会による幼稚化が進めば、日本文化も危ない。たとえば、食事についても伝統ある日本食より、ついついお手軽なマグドナルドを食べる。これも食が幼稚化が進行しているように感じてしまうのは私だけか。

「幼稚化の基は?」

 国民の幼稚化原因は教育が大きい。しかしそれだけではなく、近年政治家がそれを助長した。なにを語っても「国民の信を問う」と言う。問われる国民の多くは政治の勉強はして居ない。外交・通商や防衛についてまともに答えることは出来ない。こうした流れの中、2004年、郵政民営化問題で、小泉元首相が日本政治の「B層化」を決定的にした。そして、現在の日本政治は「お茶の間政治」となった。

「B層が日本素人化を推進」 

 歴史観・宗教観に基づく文化観を持っていない層をB層と呼ぶようだ。B層は自己文化観が弱いので、どうしても人の言葉を受け入れやすい。そのB層に対して、マスコミが日本文化観についてまともに情報提供が出来ていない。さらには日本社会を素人が動かしているように見せている。素人が社会を動かせると勘違いさせた。ここはマスコミが相当の責任を負っている。その結果、日本社会は素人化し、幼稚になって来ていると考える。

|
|

« オスプレイ | トップページ | ギリシャの近況 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/54986862

この記事へのトラックバック一覧です: 社会の素人化現象:

« オスプレイ | トップページ | ギリシャの近況 »