« 永久国債 | トップページ | ベトナム »

銀行の罪

銀行の主業務はリスク回避

「リスク回避が仕事」

 相手先企業の未来の可能性や、夢の実現に対して、現在の銀行には審査能力がほとんど無い。よって、事業が成功するまでは、取引の相手にしないことになる。取引を開始しても、取引先の少しのリスクも見逃さず、課題があれば、厳しく引き上げ追求し続けることが銀行の仕事である。

「今の銀行大成では、新産業は育たない」

 創業者の個人資産や個人保証に比重を置く現在の銀行審査では、新たな取り組みをする人間にとって余りにも重いリスクを背負わせることになる。ただ一回の事業の失敗で社会から抹殺してしまう。若い優秀な人間は新しいビジネスに挑戦することが困難な仕組みなのだ。日本では新産業が育ちにくい。銀行の姿勢がこのままでは、日本は危うい。

「貸し手責任」

 銀行には、貸し手責任があると思うが、これを認めない。貸し付けて回収困難になったら、もっと簡単に債権放棄をする仕組みが欲しい。東京電力、JALのような大企業ばかりが救われる銀行の「仕組みは不公平極まりないと感じている。

|
|

« 永久国債 | トップページ | ベトナム »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/54137837

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行の罪:

« 永久国債 | トップページ | ベトナム »