« 鎧兜のカーネルサンダー | トップページ | 原発全停止 »

5月5日端午の節句

韓国の祝日から思うこと

「5月28日、旧暦の4月8日はお釈迦様の誕生日」

 昨年の韓国では5月5日から10日が連休に近い状況になっていた。新暦5月5日に祝う「こどもの日;端午の節句」、5月10日が旧暦の4月8日「お釈迦様の誕生日」で、あったからだ。今年は5月28日が「釈迦誕生日」で、連休とはなっていない。が、今の日本人の多くが忘れている「花の日」の文化を祝日として毎年お祝いする。このことは私にとって賞賛に値する。日本では、祝日の意味無く休んでいるように感じている。

「意味のない日本の祭日」

 祝日は、国のお祝いの日である。近年の日本では祝う意味が薄れて、ただの休日となっている。さらに国民の休日と位置付けられている祭日が多すぎる。この祭日を見直すべきだ。「ハッピーマンデー」で多くの日が月曜日となった今の日本において祝う意味がない。今、日本より休日が多い国はギリシアだけですよ。

|
|

« 鎧兜のカーネルサンダー | トップページ | 原発全停止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/54594687

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5日端午の節句:

« 鎧兜のカーネルサンダー | トップページ | 原発全停止 »