« 寒い春 | トップページ | 人体も放射性物質 »

海外留学生の減少

日本人留学生減少について

「アメリカの学費が高い」

 アメリカの州立大学の多くは、州の住民には手厚いが、その他、特に海外留学生には2倍ほどの授業料を設定しているところが多い。元々日本の大学より学費が高いところに割増が掛る状況では、貧乏になりつつある日本人にとっては、高いハードルとなってきた。これが留学生減少のトップ要因だろう。

「アジア枠の設定が厳しい」

 中国と韓国の若者が相当外向きになったのも要因だろう。カリフォルニア大学ではアジア人として、日本以外に、韓国と中国が同一枠にはめられている。中国は人口が多いうえ、アメリカ進出に熱心な韓国と中国と同じ枠では割り当ては減る一方だ。これも海外留学減少の1つの原因だろうか。また、制限をあまり実施していない東海岸のハーバード大学などでは日本人の入学者が「ゼロ」になった大学まで出てきた。

「内向く日本人」

 日本のマスコミが、駄目になった日本人として一番原因に挙げる日本人の内向き志向は、多分トップ問題ではない。が、日本人がコンパクトにまとまり総じて貧乏になった。海外で裕福に暮らせず、不便が多いと感じる人は内向くのだろう。実際、現在の日本に居ればそれなりに生きていける。それゆえ、海外を見ないと考える。

「日本の豊かさも要因」

 相対的に世界では日本は内向きにになった。日本人が今より外に向かうのは、今より日本人が貧乏になった時と感じる。その時期、若者は世界に行くであろう。今の日本の豊かな環境では、外に出ることは難しい。

|
|

« 寒い春 | トップページ | 人体も放射性物質 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/54284321

この記事へのトラックバック一覧です: 海外留学生の減少:

« 寒い春 | トップページ | 人体も放射性物質 »