« 東日本大震災から1年 | トップページ | 休眠口座 »

就活中の皆さんへ

「職」を持つことは、「誇り」を持つ第一歩。

「学問の目的」

 世界は今も食べるための生存競争社会であり、世界の多くの子供はその真っ只中にいる。日本の現在の学校教育はそういった事実から目をそらし、競争を回避し、ただ皆仲良く生きることを教える。なんのために勉強しているかを優しくオブラートしている。学校で学ぶことは国際社会の競争に勝つことにあり、将来の社会競争に備えて学問を習得していることを強く認識させたいものだ。

「教育の義務」

 大人になり、社会人になったとき、自分の得意分野で「職」を持つ。「職」を持つことは、「誇り」を持つ第一歩。社会人となるとき、職無き者は人の「誇り」がもちえまい。そのことを知らせることが、教育の義務である。

「心を自立させ、誇りをはぐくもう」

 自分のことは自分で主体的に情報を集め、分析し、自信を持って生きる。自分の判断で生きていく、そういった行動が「誇り」を創る。他者「依存、依頼」の精神に「誇り」やさらに人への「やさしさ」ははぐくまれまい。

「就活は就活動だ、を忘れるな」

 に誇りがあり、企業名には誇りは関わらない。就活において、「適」を見極めることが重大であって、企業規模や有名さはその時の人気ランキングに過ぎない。学生の皆が知っている有名会社は入り口が狭く、通りにくい。そしてそういった企業を沢山受けるほど時間ばかりが過ぎ、成果が出にくく、その結果、心が疲弊する。就活動は会社に入ることではなく、に就くことを念頭に活動することだ。を重視!忘れるな。

|
|

« 東日本大震災から1年 | トップページ | 休眠口座 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/54186147

この記事へのトラックバック一覧です: 就活中の皆さんへ:

« 東日本大震災から1年 | トップページ | 休眠口座 »