« 欧州危機 | トップページ | 金冠日食 »

肺がんX線検診で死亡率低下せず

米で15万人調査結果開示から

「検査は無意味」

 年に1度、X線による肺がん検診を受けても、死亡率低下にはつながらないとする大規模調査の結果を、米国立がん研究所などがまとめた。国際的に肺がん検診を実施している国はほとんどないが、日本では国が年に1度の肺がん検診を自治体に勧めている。科学的根拠がはっきりしない検診を続けるべきかどうか、議論となりそうだ。

 論文は米医師会雑誌(JAMA)電子版に発表された。

 この論文は、55~74歳の約15万人を対象に、半数は4年間連続でX線検診を受けた人、半数は何も受けなかった人に無作為に分けて、肺がんによる死亡との関係を13年間、追跡調査した。

「日本の定期健診」

 小さいサイズの肺X線検診で肺がんが見つかるころには手遅れらしい。しかし日本では、結構受けたがる。さらに言えば、健康診断の事業は、聖ロカ病院長日野原先生が始めた画期的事業モデルと言う話を聞いたことがある。自費医療で、適当な人数を精密検査に持ち込めるので、病院にとっては打ちでの小槌になっているとのこと。これ以上、調べた訳ではないので、記載を控えるが、「健康診断」と呼ぶのはおかしい気がする。

|
|

« 欧州危機 | トップページ | 金冠日食 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/53101787

この記事へのトラックバック一覧です: 肺がんX線検診で死亡率低下せず:

« 欧州危機 | トップページ | 金冠日食 »