« 伊勢湾鳥瞰風景 | トップページ | 大阪ダブル選挙を受けて »

11月27日大阪ダブル選挙

大阪都構想は選挙対策?

「マスコミの影響」

 マスコミ話題で選挙に勝てる情勢だ。テレビによる大衆受け政策が、当たれば当選する状況だ。以前にあった小泉元首相の「郵政民営化劇場」に様相が近づきつつある。皆、勝手な夢を見て、現実が見えたときに不満を言う。影響力があるマスコミには将来を見通す力量はない。

「都にする意味」

 重複行政を解消することは賛成だが、動く人間が同じ官僚では、都に名前を変えても結局行政が変わることはない。東京と同じにしてなにが良くなるか、私には期待ができない。

「官僚任期制」

 大阪を変えたければ、アメリカ行政の真似をして、課長以上の官僚を任期制を導入し、トップが入れ替わるたび、総入れ替えをする、そういう制度を創る方がよほどマシと考える。やはり、今回の大阪都構想は選挙対策に思える。

|
|

« 伊勢湾鳥瞰風景 | トップページ | 大阪ダブル選挙を受けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/53296150

この記事へのトラックバック一覧です: 11月27日大阪ダブル選挙:

« 伊勢湾鳥瞰風景 | トップページ | 大阪ダブル選挙を受けて »