« プライドの国、韓国 | トップページ | 29日民主党党首選 »

竹島問題

日韓学生会議の開催の勧め

「国際法」

 国際法上、竹島(韓国では独島)は日本領土である。しかし、実効支配は韓国が行っている。資源も無い、水も無い日比谷公園ほどの広さの島に軍を常駐させ、さらに近く一般人も住む勢いだ。冷静に考えれば、住む価値は低いと思う。この島が日韓問題になっているのは残念なことだ。

「歴史」

 歴史とは双方創れるものである。それゆえ、一方だけの教育を受けた人は、そのことを事実と信ずる。双方の歴史観を学生たちだけで良いから共有してみて、そして領土方や歴史観を本音で討議して欲しい。

「国民感情」

 韓国にとって、竹島問題は国民の面子問題になってしまっている。韓民族には、強い個人の面子やプライドに対する怒りパワーがある。そしてプライドがこの問題の根源ゆえ、韓国政府も弱気は見せられない。本来二国でもっと協力して闘う先があるが、今後も大きな課題となろう。

「親日発言の制限」

 韓国の風潮では、未だに親日発言が公の場では出来ない環境にある。各人の本音は、公開討論では一切出せまい。日韓学生間において現況討論を非公開でして見てはどうだろうか。この記載も「韓日」と書かないと許さない気風は十分に知っているが、日本の慣習表記にまでは怒りを出さないで進めて欲しい。

「付記」

 人手が掛かるインフラ事業は日本の方が上と思う。韓国はここまで、日本の手法を改良して進んできたが、日本を抜いた先からは、独創の苦しみとトップの危険が待っている。国民の左翼化傾向も見られ、少子化問題もあり早いペースで日本のような閉塞感が出る可能性もあると予想する。島だけにとらわれず、学生諸君、共に広く長く考え進んで行こう。

|
|

« プライドの国、韓国 | トップページ | 29日民主党党首選 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/52405855

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島問題:

« プライドの国、韓国 | トップページ | 29日民主党党首選 »