« 情報温度差 | トップページ | 国産エネルギー メタンハイドレード »

菅機能障害

菅首相による国家機能障害

「菅機能障害」

 日本は今、体の肝機能障害と同じ状況にある。これは菅首相政治家の欠格条件を2つも持っているからである。一つ目、唯物史観。2つ目、非武装平和主義。この1つでも持っている人は政治家になるべきではなく、2つあれば政治家欠格である。その人物が国家主席であっては国家が機能不全に陥るのは必然だ。

「唯物史観」

 人の行動は物質的な条件で全てが決まると考えること。こういった人が権力闘争をすれば、権謀術数主義となり、目的のためには手段を選ばない人になる。こういった人は大震災は続投の好条件に映る。自分が首相でいること以外は全て目的にならない。

「非武装平和主義」

 世の中、平和な状態だけではなく、有事も起こるものだ。非武装平和主義者は、どんな環境や事態であったとしても、非常時を使えば、それが拡大してやがて、戦争になることだけ考える。国民を守ることより、戦争回避を重視する。これが、今回の震災で非常時を使わない心理と見る。

「非常時対応は民主主義の重要な機能」

 民主主義の重要な機能の1つは法に則り、非常時を行うことだ。非常時の国家権力行使を指す。しかし現在の政権は平時の機能でこの非常時を乗り切ろうとしている。実際に緊急時のガソリン徴収や食糧制限すら実施しなかった。瓦礫の車の処分すらままならない状態だ。非常時対応を確実に実施すれば、死なずして済む方たちが沢山いたはずだ。

「法に則り非常時を行えない」

 浜岡原発停止も、国民を守る信念に基づいた首相主観による非常時停止を行えば済んだ。しかし、菅氏は自分の理念を守ることに集中し、いかなる障害が起きようと責任を取る気がないのだろう。菅機能障害で日本が死んでしまう。国民がもっと犠牲になろう。

 

|
|

« 情報温度差 | トップページ | 国産エネルギー メタンハイドレード »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/52046908

この記事へのトラックバック一覧です: 菅機能障害:

« 情報温度差 | トップページ | 国産エネルギー メタンハイドレード »