« 国際競争力ランキング | トップページ | 夏至 »

札幌は少し北からそれている

残念ながら、南北に対して3度弱、ずれている

「測量ミス」

 題材ではなんのことか判り難いことでしょう。札幌の街を東西南北格子状に道を作った際、測量ミスがあり、現在札幌の道路の格子は真北を向いていない。道路の設定当時、地磁気を測定して作ったそうだ。地磁気は当然真北から数度のズレがある。結果現在札幌の街は、3度ほど真北からずれている。当時の測量担当者が、北極星を見ていなかった結果です。画して、札幌は少し北からそれている。

「京都は正確」

 それに比べ、1200年前に作られた京都の街は正確に真北を向いている。東西南北に神様を置く京都にずれがあっては、バチが当たるから当時、とても大切なことでした。なお、他の格子状都市の街(名古屋等)もちゃんと北を向いているそうです。

以上、余談でした。

|
|

« 国際競争力ランキング | トップページ | 夏至 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/50591531

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌は少し北からそれている:

« 国際競争力ランキング | トップページ | 夏至 »