« 水について その6 | トップページ | 福島原発の補償金 »

水について その7

 ここまで7回に亘り記載した水について、とりとめのないものになってしまったと反省する。

「水の安全」

 水の安全は、これまでの日本において、当たり前であり、無償に近いものであった。何時の間にか、生活にペットボトルの水が普及し、ペットボトル水を当り前のようにして飲む習慣が身に付いていた。その上で、このペットボトルにどんな防腐剤が入っているか、興味をもつに至った。自分で確かめることが水の安全を考える第一歩と思う。

「有害物質」

 水に含まれると言われる不純物、それに伴う有害物質について、皆が興味を持つことはすばらしい。自分自身水に興味を持ち色々な本を読んでみた。今書いたことはまだまだ浅い情報と思う。

 今後は不純物、それに伴う有害物質等を回避するためのコストや水自体の付加価値を考えてみたいと思う。

「活性酸素と水素水」

 体に影響を与える活性酸素を調べるうちに、水素水を知った。水素水はまだ安定した供給法は確立されていないと思う。なぜならば、現在、世間で供給されている水素水は、製造後すぐに飲むことがもっとも良い。が、ボトリング中心での供給となっている。ボトリングされると法律で「カルキ」を入れさせられ、結局水道水の消毒が入っていることになる。カルキは活性酸素の派生物質の1つでもある。体に良いものではない。

「水素水サーバー」

 カルキを使わない、サーバー(供給機)を使ったRO式純水であれば、放射性物質も相当除去されており、今考える限り、良いように感じる。サーバー(供給機)には偏見や情報の間違いがあるかもしれない。しばし、情報を集めて、「水について」また記載してみたい。今日、6月7日から、ビッグサイトで「健康博」が開催される。まずは、サーバーを見てみる。

|
|

« 水について その6 | トップページ | 福島原発の補償金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

水素水サーバーを調べていますが
色々書かれていて、頭が混乱です;

それに、どれも良く見えたりして
迷ってしまいますし─


やはり、博覧会や展示会に行ったほうが
いいのかな?


期待しています。

投稿: | 2011.06.07 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/51869424

この記事へのトラックバック一覧です: 水について その7:

« 水について その6 | トップページ | 福島原発の補償金 »