« 熊本城、桜満開 | トップページ | INES(国際原子力事象評価尺度) »

放射能汚染レベル7の責任

放射能汚染責任の考察

「室外臨界爆発の汚染責任」

 室外=大気圏内の臨界爆発を、核爆弾と言う。大気圏内で、核保有国は実験を繰り返した。原発事故以上に汚染責任は重大である。日本の放射能汚染ばかりが報道されるが、核保有国は全て放射能汚染させた国となろう。ちなみに現在観測されている大気中の放射性セシウムは全て大気圏内での核実験による汚染物質である。しかし、核爆弾の実験実施国はこれまで放射能汚染責任を負っていない。

「原子炉製造責任」

 かつて、第二次世界大戦で化学兵器を作った戦後、所有権を強制的に持って行かれた中国に、日本は化学兵器の製造責任を負わされ、数兆円ものお金を費やしている。おかしい。ちなみに福島第一原子力発電所1号機はアメリカのゼネラルエレクトロニクス社(GE社)製である。ただし、その製造責任を持つGE社が責任を負うことはないだろう。

「国際汚染責任」

 放射能汚染は悪いことだ。ただし、今回、日本国家は国際的汚染責任は負ってはならない。中国の重金属汚染は同様に近隣諸国を汚染している。これまでそういう国に過去の化学兵器責任を負わされたのが現実だ。だから、二の舞は絶対してはいけない。国際責任は毅然と跳ね返すことだ。日本だけが国際汚染責任を負う必要はない!

追記情報が届いたので、今追記します。

 「今日論談報社」編集主幹の吉川端さんの言葉をネットから引用致します。「中国人はチベットのウラン原料を利用して新疆で核実験をして、その時の放射能が東京にもたらした影響は今の福島第一原発の事故より大きかった。中国人はまったく自分のことしか考えていない」

|
|

« 熊本城、桜満開 | トップページ | INES(国際原子力事象評価尺度) »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

震災対策も原発に関してもそうなんですが、今の政権は何かとまとまり感の無い様が頼りなく思えます。今迄もそうかもしれませんが、この非常事態に何をやってるんだかってカンジです。

投稿: はる | 2011.04.13 16:50

確かに、核兵器開発華やかなりし頃、地球全体に放射能汚染をばら撒いた人達に日本を非難する資格はないと思います。しかもこちらは平和目的の原子力利用ですから。
その点もこの際、しっかり世界に向けて発信すべきですね。
でもこの政権には無理でしょう。
内弁慶ですから。

投稿: GDP1000兆円 | 2011.04.13 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/51205080

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能汚染レベル7の責任:

« 熊本城、桜満開 | トップページ | INES(国際原子力事象評価尺度) »