« 台湾からの義援金総額100億円を突破 | トップページ | 放射能汚染レベル7の責任 »

熊本城、桜満開

熊本城の桜まつり

  4月3日、熊本はあいにくの小降り。でも、熊本城は人であふれていました。九州新幹線に合わせて作った城彩苑も人でいっぱいでした。桜は満開で華やいだ明るい雰囲気にあふれていました。とても華やいだ雰囲気のある良い街です。
大震災を忘れさせてくれたすばらしい場所でありました。

0411_1

0411_2

0411_3

0411_4

0411_5

熊本のように街を明るく強くし、東京のような自粛過剰を減らしたいものです。

熊本城の築城時期については慶長6年(1601年)着工、慶長12年(1607年)完成のようです。築城の主は、加藤清正。相当な善政を敷き、未だ、熊本では善政の事跡は全て「せいしょこさんのさしたこつ(清正公のなさったこと)」となるのです。今の日本に、「せいしょこさん」が欲しいものです。

|
|

« 台湾からの義援金総額100億円を突破 | トップページ | 放射能汚染レベル7の責任 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/51342611

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城、桜満開:

« 台湾からの義援金総額100億円を突破 | トップページ | 放射能汚染レベル7の責任 »