« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

海外旅行に行かれる前のローミング情報

海外ローミングにはだましがいっぱい

「Docomoの不親切」

 Docomoの不可思議。海外ローミングにおいて3月5日に発見したこと。ソウルでは、自動でつなぐと有料ローミング先のSKTに接続され、無償提携先のKT(コリアンテレコム)には繋がって居なかった。つまり自動接続にしておくと、無料接続のKTではなく、有償接続のSKTに繋がる仕組み。これは不親切と言うより、「だまし」を感じた。来週はソウル。また新たな問題を探してみたい。

「ギャラクシー等のローミング費用」

 日本でパケットフリー契約をしていても、海外での接続では、日本とは別に上限1400円程度のローミング費用が掛かる。気をつけないといけないのは、一度も使わなくても電源を入れてあると自動的にローミングが掛かり、お金の請求を受けることだ。

「ソフトバンクの不可思議」

 以前は海外ローミングの有料警告が最後列にあった。この問題を取り上げた人は、なぜか国際ローミングが無償になったようだ。今は、最前列に来て、かつ固定ローミングをしている。問題は消えたはず?

海外でのローミングはぜひ、お気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フェースブックによる情報収集

東日本大震災から

「避難所情報」

 各役所では、全容を掴んでいないようだが、フェースブックには、各避難所全ての日々の活動や必要物資まで記載されてる。こういった使い方が今後さらに期待できる。役所はもっと縮小できるはずだ。

「緊急連絡網」

 フェースブックでは、重要情報が世界中のサーバーに分散管理されて災害対応に優れた能力を持つ。このため、会社の緊急連絡網等を自社で構築することなく、無償で高度な連絡網が構築できる。

「世界の情報」

 今回の東日本大震災の情報で、世界から賞賛された「規律正しい行動」は、賛美とともに、日本人の軍事能力の高さを示したようだ。他国では厳しく訓練せねば出来ない非常時の規律行動を日本人は既に取得していると脅威に映っているそうだ。こういった情報もフェースブックでは知ることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

我が青春、キャンディーズ

 私は高校時代、キャンディーズのLPはほぼ全て保有し、歌もソラで歌えた。私は3人のなか、ややマイナーなスーチャンのファン。テレビでは太く見えたスーチャンも、実物を見てびっくり、テレビで見るよりずっと細かった。そして、昨日、キャンディーズのスーチャンこと田中良子さんが亡くなった新聞の報道を見て寂しい想いをした。少し早い「お別れなんですね。」残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

12年度卒業生の採用活動から

大企業採用活動の後送り

「人生は山と谷」

 人生は糾える縄のごとし。満月はやがて欠けていき、新月はやがて満月になることのように、良いことと悪いことはいつも表裏一体である。自分自身は、大学での就業活動においては失敗したと思う。ここに少しだけ回顧録を書く。

「回顧録」

 私の専門は土木工学エンジニア。当時、ゼネコンは「永遠に日の当たる産業」といわれ、大学入試で人気トップの学科であった。就職担当教授が就職先を全て取り決め、100%就職が保証されていた。が、私は教授推薦のゼネコンにどうしても体質が合わず、教授推薦を蹴ってしまった。その後、苦労の末、リクルートに入社した。今は有名なリクルートであるが、当時はまだ無名。当時の営業ではよく「ヤクルト」と間違われたりした。そして今、ゼネコンは底、当時のような人気もない。土木事業を見るにつけ、企業の栄枯盛衰を肌身で感じている。

「東日本大震災」

 将来、この大震災による人生の影響度が冷静に見られるときが来る。昨年までの寄らば大樹の考えに沿った、敷かれたレールに乗った人生観を見直す機会であったと言える日が来ると信じたい。大企業採用活動の後送りが今年の学生のみなさんにどのような影響を与えるか、プラスの効果を期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

破壊と創造

今が、創造の時

「破壊の次は創造」

 神話の話から。インドの3大神は破壊がシヴァ神、創造がヴラフマー神、維持がヴィシュヌ神。これがセットされて人類は生きていると、インドでは昔から考えている。シヴァ神が動いた後ヴラフマー神が動く。破壊の後、つまりこれからは、創造をするときである。と過去の神話も証明する。

「信ずれば通ず」

 「動こうとするとその方向が悪い方向に見える」という心理的な傾向を「ダウ&ワーラン効果」と呼ぶ。行き先が不明で予想が出来ないときは、精神衛生を悪くさせ、怖いと思う本能が強く働く。これが人間の本能なのだ。自分の本能に打ち勝つのは、己の信念か、信ずる人の言葉について行くことだ。行き先が見えない人は、考え動く人を信じて付いて行こう。動いて世を変えよう。

「考えること」

 今回の破壊は、日本人が近年見失っていた、考え、闘うことを思い起こさせる契機となって欲しい。日本人は個人の経済的豊かさを中心にし、人生の本当の豊かさを失いつつある。今の若者は親や先生が敷いたレールに乗って、其処から外れないことに疲れている。自分の頭で考え、体で動くことが大きく減少したようだ。しかし、破壊によって既存概念レールから外れた今、自らレールを作るか、信じる新しいレールに乗るかを決めるときだ。しっかり考えよう。

「想定外による日本の変化」

 就職活動も視点を変えるときが来た。絶対安定していた東電は「想定外」によって崩壊しつつある。これから動いて闘う新進企業を多数見て欲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

INES(国際原子力事象評価尺度)

INESの尺度基準について

 尺度が三つある。

「深層防護の劣化」

 レベル1~3の基準。ここまでが事象で、事故ではない。運転安全基準のレベル評価の範囲。通常安全基準が守られないレベルが、「3」。

「施設・事業所内の影響」

 レベル2~5の基準。レベル4以上が事故扱いとなる。スリーマイル事故ではレベル「5」。この基準では、原子炉の炉心や放射性物質バリアが重大な損傷を受けた判定。

「人・環境、事業所外への影響」

 レベル3~7の基準。レベル5では、ヨウソ131換算で10の14乗べクテル以上の放射性物質流出を言う。レベル6で10の15乗べクテル以上の放射性物質流出。レベル7が10の16条べクテル以上の放射性物質流出を示す。今回のHUKUSHIMAでは、現在換算で37×10の16条べクテルの放射性物質流出で、この基準ではレベル7。これより今上の基準がない。ちなみに、チェルノブイリは、HUKUSHIMAの10倍はある。そして初期30日間の被爆で30名が死んでいる。「0名」の日本が同列になるイメージがまずい。

「馬鹿正直」

 ヨウソ131換算で37×10の16条べクテル値を超えたので、HUKUSHIMAを暫定レベル「7」にした原子力保安院の発表は馬鹿正直で、世界の不安を増しただけである。残念ながら、原子力保安院は科学者ゆえ、正直な助言しか出来ない。この助言に沿い、首相官邸が「7」を決定した。ゆえに「政治的」能無しである。世界影響全体を考えるロシアからは、レベル「6」判定が妥当と言ってきている。

「日本製品締め出し」

事故例が少ない中での判定基準ゆえ、実情にあってはいない。だが、この数字だけが世界を渡り歩きし、日本製品が締め出され始めよう。とても残念な決定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

放射能汚染レベル7の責任

放射能汚染責任の考察

「室外臨界爆発の汚染責任」

 室外=大気圏内の臨界爆発を、核爆弾と言う。大気圏内で、核保有国は実験を繰り返した。原発事故以上に汚染責任は重大である。日本の放射能汚染ばかりが報道されるが、核保有国は全て放射能汚染させた国となろう。ちなみに現在観測されている大気中の放射性セシウムは全て大気圏内での核実験による汚染物質である。しかし、核爆弾の実験実施国はこれまで放射能汚染責任を負っていない。

「原子炉製造責任」

 かつて、第二次世界大戦で化学兵器を作った戦後、所有権を強制的に持って行かれた中国に、日本は化学兵器の製造責任を負わされ、数兆円ものお金を費やしている。おかしい。ちなみに福島第一原子力発電所1号機はアメリカのゼネラルエレクトロニクス社(GE社)製である。ただし、その製造責任を持つGE社が責任を負うことはないだろう。

「国際汚染責任」

 放射能汚染は悪いことだ。ただし、今回、日本国家は国際的汚染責任は負ってはならない。中国の重金属汚染は同様に近隣諸国を汚染している。これまでそういう国に過去の化学兵器責任を負わされたのが現実だ。だから、二の舞は絶対してはいけない。国際責任は毅然と跳ね返すことだ。日本だけが国際汚染責任を負う必要はない!

追記情報が届いたので、今追記します。

 「今日論談報社」編集主幹の吉川端さんの言葉をネットから引用致します。「中国人はチベットのウラン原料を利用して新疆で核実験をして、その時の放射能が東京にもたらした影響は今の福島第一原発の事故より大きかった。中国人はまったく自分のことしか考えていない」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

熊本城、桜満開

熊本城の桜まつり

  4月3日、熊本はあいにくの小降り。でも、熊本城は人であふれていました。九州新幹線に合わせて作った城彩苑も人でいっぱいでした。桜は満開で華やいだ明るい雰囲気にあふれていました。とても華やいだ雰囲気のある良い街です。
大震災を忘れさせてくれたすばらしい場所でありました。

0411_1

0411_2

0411_3

0411_4

0411_5

熊本のように街を明るく強くし、東京のような自粛過剰を減らしたいものです。

熊本城の築城時期については慶長6年(1601年)着工、慶長12年(1607年)完成のようです。築城の主は、加藤清正。相当な善政を敷き、未だ、熊本では善政の事跡は全て「せいしょこさんのさしたこつ(清正公のなさったこと)」となるのです。今の日本に、「せいしょこさん」が欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台湾からの義援金総額100億円を突破

「義援金総額100億円を突破」

 4月1日までの時点で、義援金総額官民合わせ100億円を突破しているという。台湾の人口は約2,300万人で、サラリーマンの平均月収は13万円前後らしい。その台湾からの義援金が100億円をすでに超えたことは桁外れの額だと感じる。台湾の皆様、本当に感謝しています。心からありがとう。

「台湾も経済被災している。」

 台湾も大変で、経済建設委員会の発表では、東日本大震災の影響による台湾経済の損失が540億円を超えるそうだ。それでも支援してくれる国だ。台湾をもっと大切にしよう。

"Exceeded 10 billion JPY in donations from Taiwan, "

 Through April 1 , public and private donations had surpassed 10 billion JPY total combined .Taiwan has a population of approximately 23 million people, and the average monthly income  is around 130 thousand JPY. Donations exceeded 10 billion JPY from Taiwan is a truly exceptional value. I really appreciate. I can never say thank you enough.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花まつり、今日はお釈迦様の誕生日

4月8日は花まつり

「花まつり」

 4月8日に生まれたと言われるお釈迦様の誕生日をお祝いする日。そして、お釈迦様が生まれた時に唱えた「天上天下唯我独尊」を考え、生命の尊さを見直す日でもあります。最近は街角ではすっかり見なくなりました。しかし今、活性化したい状況に日本はあります。

「天上天下唯我独尊」 

 この言葉は目を開けて見渡す世界、全ての命が皆輝いている。お釈迦様の願いは皆、あかるく、たのしく、なかよく生きよう。と言っているのです。昔から日本人の心にはこういった言葉が宿り、息づいています。これから明るい日本になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

緊急地震速報

昨夜の「緊急地震速報」から

 被災地の方々のことを思うといたたまれない気持ちでいっぱいです。今回被災された方々とご家族、関係者の皆さまには、重ねて心よりお見舞い申し上げます。早期復興を心から祈念致します。

「緊急地震速報」

 昨夜23:33に、宮城沖余震の速報で携帯が鳴った。が、警報慣れしていて、とくに行動しなかった。しばらくして震度3程度で揺れていた。これにも反応しなくなった自分が居た。残念なことである。

「慢心」

 せっかくの警報ではある。しかし、今の東京では地震警報が多く、反応しきれない。これでは、「狼少年」そのまま。慢心が次なる災害を呼ぶとは思う。

「気が付いたこと」

 それでも、最近、速報が鳴る基準が少し厳しくなったような気がした。それとも余震が減ってきたか。1週間ぶりに聞いたような・・・。結局、人(自分だけかもしれない)は自分の身に降りかかる災害には「楽観的」になることだけははっきりした。そしてその時に悔むのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

”週刊誌”が消える!?

リサイクルペーパーの危機が6月に来そうだ。現状の回収運用ままでは、古紙の回収量不足で、新聞は半分に、週刊誌は休刊になる。
理由
1、中国業者が古紙回収業者から@3円差の高値で、「西日本」の古紙を持って行っている。
2、政府は中国に販売をしないように業者に依頼はしているが、効果が厳しい。
この際、しばし補助金を動かしてでも阻止しないと週刊誌が消えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

北野天満宮

 学問の神様、菅原道真公である「天神様」を鎮める北野天満宮では、今年も綺麗な梅が沢山咲きました。梅をこよなく愛した菅原道真公にちなみ、境内には、約50種、1500本の梅があります。この梅を題材に道真公は「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな」と詠われています。

01

02

03

04

Kitano Tenmangu Shrine in Kyoto is one of the great spot to enjoy plums and cherry blossoms!Plum blossoms were blooming beautiful red and white.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クラウドカードについて

主力商品「クラウドカード」

「クラウドカードとは」

 個人情報を活用したマーケティングを展開してきた蔵人・クラウドは、個人の行動履歴や購買履歴収集を狙い、クラウドコンピューティングを利用した電子マネーサービスを作り上げた。そして従来、組み合わせが困難であった個人データと電子マネーのカードサービスをトータルに運用出来るユニークなカードサービスとなった。この一貫したサービスは、まさしくクラウドを使ったカードサービスであり、商品名「クラウドカード」として商標登録第5297382号を取得した。

「クラウドカードは電子マネー」

 蔵人・クラウドは、都内のデーターセンターに電子マネーカード管理運用のサーバー群を有し、ネットを介して、ポイントカード、ギフトカード・プリペイドカード等の電子マネーサービスである、クラウドカードを提供している。

「クラウドカードの目的」

 クラウドカードは、クライアント各社の新規顧客の獲得、顧客囲い込み、顧客のロイヤリティ化のプログラムを持ち、多数の実績を誇る。具体的な行動はCRM(顧客管理重視の経営手法)に沿った分析サービスと、これに続くDM発送・メール・懸賞やクーポンを利用した「買ってもらえる仕組み」で売上向上を行っている。これが導入の目的である。

「クラウドカードの将来性」

 ポイントサービスの決済方法は、従来のクレジット決済、POS決済、PC決済だけではなく、スマートフォンやTAB等も利用可能。そしてこれからクレジットが持てない層を対象に新たなカードサービスを展開する計画だ。つまり海外展開を視野に入れている。

「クラウドカードの安全性」

 蔵人・クラウドは、CAFIS(国際クレジット決済ネットワーク)の接続許諾を持ち、クレジット会社と同等基準のセキュリティを有している。これにより、大切な個人情報をクライアントに代わって安全保管・運用をしている。

「クラウドカードの安価性」

 従来は高額な初期費用や運用コストが必要であった電子マネーを、クラウドによって極めて低い導入費とランニングコストで提供出来る仕組みを提供。この仕組みをポイント・ギフト・プリペイドカードの世界に広げていく所存である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

蔵人・クラウドについて

蔵人・クラウドは個人情報を活かしたマーケティングのベンチャー企業

 蔵人・クラウドは、既存のクレジット決済端末を利用したポイントシステムの運用・開発を特色としたポイントカードサービスの企画・販売を行う会社。具体的にはPOSメーカーやクレジット会社と提携し、カードインフラとカードサービスを社会に供給している。

 現在、ITの中心となったクラウドコンピューティングを活用し、安価で高性能なカード運用システムを日本中に提供中。さらに世界を狙っている。このカードシステムを使い、今、生活シーンに溢れる多くのポイントカードを提供している。そしてクレジット決済端末やスマートフォン等の通信機能を経由して、個人の購買履歴や行動履歴を取得し、活きのよいマーケティングデータを創り上げているのだ。

補足;クラウドコンピューテングについて

 最近、IT業界では常識となりつつあるクラウドコンピューティング。一般向けに短縮し、「クラウド」としてテレビCM等で、多く使われている。クラウドとは、大規模なデーターセンターに多数の業務用サーバー(情報制御コンピュータ群)を設定し、ネットを経由して、各人のパソコンやケータイから遠隔操作を行い、各種サービスを受けることを言います。具体的には「Google」「アマゾン」等が代表的なクラウドのサービスである。

「クラウドカードとは」

 4月4日に続きを記載するので宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エイプリルフール

冴えない・・・

「サルコジ大統領」

 午前中の会談で、フランスのアレバと東芝を合体させるそうだ。世界最大の原子力コングラマリットを創るらしい。ルノーに続いて、カルロスゴーンが社長になる。

「オバマ大統領、原子力政策拡大表明」

 30日、オバマ大統領は、アメリカのエネルギー安全保証について、演説。福島第一原発の教訓を活かし、安全について世界統一基準を進める意向であった。今日は、5年以内に10基作ると発表した。

「菅首相、退陣」

 存在自体が嘘のようであったが、退陣表明したらしい。そして民主党と自民党が大連立を組み、自民主党となるそうだ。むなしい。

スパゲッティの成る樹のような愉快な話がしたい・・・東京に居る今は気がしぼむ。来週からは、話題を変えよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »