« 非登校のまま卒業する中学生 | トップページ | 東京復活のきざし »

IAEA天野事務局長は本当のことを言っている

原発は大丈夫です。

「テレビ報道は大丈夫?」

 安心、大丈夫を報道しても、今の状況では反感を持つ人が居る。そのため、テレビでは、「危ない、心配、不安です。」を報道してしまうのだろう。こうすれば、テレビ局の責任問題だけは「大丈夫」。これでは、世間は大丈夫でなくなってしまう。

「コメンテイターは大丈夫?」

 本当に全容が語れる人間は今、テレビに出ている暇はない。本物が出るとしたら、ぎりぎりNHKの日曜討論か。民放のコメンテイターは本当の情報を掴んでいるか、疑わしい。危ないことを言えば、みんなが同調する。結果、世間は疑心暗鬼の報道ばかり。

「IAEAの天野事務局長は大丈夫!!」

 「スリーマイルはメルトダウンしたが、福島第一原発はメルトダウンしない。」と天野事務局長は発言している。天野事務局長は、原発事故の本物のコメンテイターだ。そして、アメリカのエネルギー庁副長官の発言も正確と思う。2人とも同じことを述べている。「だめなのは、東電の官僚組織であり、すばらしいのは、現場の人たちである。」これらをテレビ報道してもらいたい。

IAEA chief Amano says the truth. "Three Miles was meltdown. But Fukushima Daiichi nuclear power plant will be not meltdown." has said. IAEA chief Amano is the real nuclear accident of commentator. And U.S. Deputy Secretary of the Agency also correctly said the same. " Bureaucracy of TEPCO is not. The line people of TEPCO and SDF staff are amazing." I would like to press coverage of these.

|
|

« 非登校のまま卒業する中学生 | トップページ | 東京復活のきざし »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/51239260

この記事へのトラックバック一覧です: IAEA天野事務局長は本当のことを言っている:

« 非登校のまま卒業する中学生 | トップページ | 東京復活のきざし »