« スキー | トップページ | 2010年の出来事 »

小沢発言

民主党解体?

「船長釈放、内閣が命じた」

 動画のサイトで語った言葉が日経新聞24日朝刊2面に載っていた。尖閣問題は、初動を誤った。開放を命じた後、画像流出があり、政府は対応できなくなったように感じる。ここで、この発言。政治的収束が見えない。

「11月に胡主席と会談」

 胡主席に自前の原理原則である、一党独裁解除を伝えていたようだが、その言葉に重さがない。中国に自前の原理原則を伝えて何か意味があるのか、これもわからない。

「米国批判」

 米国の外交政策について、「イラクのフセイン大統領は大量破壊兵器はない。と言っていたが、攻撃され、国が崩壊した。北朝鮮は核兵器を持っていると言っているのに、そのままにして話し合いをしている。」事実ではあるが環境が違う。北朝鮮を攻撃すれば、中国も一緒に壊れて行くだろう。なにを期待している?

「破れかぶれ?」

 民主党の統制はもう取れないだろう。小沢流破壊の開始。2月の名古屋市・愛知県・名古屋市民住民投票は投票する党がなくなる。党の解体?小沢氏はまた、ぶっ壊すのだろうか?

私の主観では、小沢騒動で日本の政界は2016年まではこのまま収束はつかず。解決方法として、国政は間接選挙を提案する。

|
|

« スキー | トップページ | 2010年の出来事 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/50383263

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢発言:

« スキー | トップページ | 2010年の出来事 »