« 自殺と生活レベルの相関性 | トップページ | 羽田国際線 »

思い出のミュージシャン

心を動かしたミュージシャン

「ビートルズ」

小学校から中学時代、最大の影響を受けた。世界に、そして私に影響を与えたスーパースターである。

「荒井由美>松任谷由美」

 中学2年のときにデビュー。当時は荒井姓であった。当時から相当なインパクトがあった。ただ、まさか、ここまで残るとは想像もできなかった。が、とても気に入っているシンガーだ。

「サザンオールスターズ」

 高校3年の時にデビュー。高校3年の時、鶴舞公園で「女やって抱いて揉んでブギ」を観客8名の前で歌っていた。握手もした。それ以外の曲は人の歌。危ない集団に見えた。その後、勝手にシンドバットでブレイク。生涯にわたるファンとなる。

「キャンディーズ」

 高校3年の秋に解散した。追っかけをしてみた。スーちゃんが今もテレビに出ているのをみるたび、青春を思い出す。

「ピンクレディ」

 高校3年時デビュー。名古屋は、栄でレコードを2人で声を出して売っていた。「ピンクレディーでーす。」これに答えた友人は「男はオオカミなのよ」のシングル盤を買って、2人の間で写した記念写真をし、その後宝物にしていた。これは今でも笑える。

「松田聖子」

 ザ・ベストテンで、松田聖子は私の目の前に突然現れた。まさか今でも歌を謳っているなんて、すごい。当時はミーハーと思いながら応援していた。

当時、私にインパクトを与えたミュージシャンの多くは今でも、健在である。すばらしい。

|
|

« 自殺と生活レベルの相関性 | トップページ | 羽田国際線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/49775018

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のミュージシャン:

« 自殺と生活レベルの相関性 | トップページ | 羽田国際線 »