« アメリカの医療保険制度改革 | トップページ | 中国の左傾化問題 その1 »

ノーベル賞の爆弾 劉暁波氏

アルフレッド・ノーベルの置き土産

「ダイナマイトの発明者」

 有名な話ではある。工事現場の効率を上げるために創ったダイナマイトは戦争に利用され、彼は莫大な財産を残すことになった。死の商人と言われたことから死後の社会貢献を考え、遺言をまとめた結果が「ノーベル賞」となった。

「ノーベル平和賞」

 今回の平和賞授与でなぜ、スウェーデンではなく、ノルウェーなのか、疑問を持った。通常のノーベル賞はスウェーデンが授与するが、平和賞のみ、ノルウェーが受賞主体であることが分かった。この賞は2国の戦争終結を祝うものであった。現代まで、この賞か過去から政治犯の受賞がしばしば見受けられ、今年の受賞者が「劉暁波」氏となった。この受賞が、今後の世界情勢に影響するか興味がある。

「ダイナマイトの置き土産が爆発?」

 人権問題が中国のアキレス腱であることは有名な話だ。今回のノーベル平和賞が、中国社会や世界情勢にいかなる影響を与えるか興味深い。平和のために作ったダイナマイトで沢山の人が死んだ歴史から生まれたノーベル賞。ノーベルの置き土産で、中国社会が爆発することに発展するか経過を見守りたい。

|
|

« アメリカの医療保険制度改革 | トップページ | 中国の左傾化問題 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/49691511

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞の爆弾 劉暁波氏:

« アメリカの医療保険制度改革 | トップページ | 中国の左傾化問題 その1 »