« 企業の国際化;ソニーの検証 | トップページ | 自殺と生活レベルの相関性 »

羽田空港の再国際化

昨日、羽田国際線オープン

「10月13日、羽田第2旅客ターミナル拡張」

 ANAの入っている第2ターミナルが非常に広くなった。受付カウンター数が倍になったようだ。14日朝偶然ANAに乗ったが、本当に広かった。ただ、ANA側の運用が追い付かず、チェックインカウンターがどこにあるのか明示出来ていなかった。14日になっても現場が混乱していた。そのため、出発用カウンター探しで相当歩くことになった。

「ANA新ラウンジは相当広い」

 旧ラウンジは閉鎖されたか知らないが、拡張された新ラウンジは端から端まで100m?ぐらいある広さ。トイレも広い。ANA国内向けプレミアム会員を強化する意気込みを感じた。

「10月21日国際線オープン」

 アジアのハブ空港を目指した羽田国際線がオープンした。仁川空港に日本のハブを取られかねない事態が好転するか見守りたい。

|
|

« 企業の国際化;ソニーの検証 | トップページ | 自殺と生活レベルの相関性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/49793609

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港の再国際化:

« 企業の国際化;ソニーの検証 | トップページ | 自殺と生活レベルの相関性 »