« 民主党の党首選 | トップページ | 不景気の要因 »

昆虫食

常識を変えよう。

「食事の原点」

 人間遺伝子構成が1,6%程度しか変わらないチンパンジー。その主食は果物、木の実、根菜、小動物そして虫。チンパンジーは自分の力で捕らえられるものだけ食べる。この自然の摂理に沿った食べ物が人体に良いと考える。男女の遺伝子差は2%あり、チンパンジーと差がない。そのチンパンジーが採っている食材が人間の食事の原点と考えたい。

「牛肉は人体に悪い」

 ここから考えられることは人間は本来、自分で殺せない生き物を食べてはいけない。特に体の大きな牛は悪い点が多い。メタボに関わる動物性脂肪がとても多く、乳製品は大腸がんや胃潰瘍の大きな原因と言っている研究者もいる。そのうえ、人にうつる病原菌やウィルスも沢山持っている。BSEが代表的な例と言えよう。つまり牛の構成タンパク質は人体に悪いモノが多い。健康を考えるならば、牛を食べることをやめるべきだ。

「優秀な食材」

 チンパンジーの主要タンパク質の取得源は虫である。地上の動物種の75%が昆虫であり、生息数は99%以上である。日本では昔から長野県などの山間エリアではタンパク質摂取のために蜂(はち)の子や蚕(かいこ)、蝗(いなご)を食べていた。子供時代にイナゴは佃煮にして食べたことがあるが、結構美味しかったと覚えている。虫は優秀な食材と言える。

「魚肉ソーセージのように食べる」

 虫を食べるなど、考えただけで気持ち悪いとよく言われるが、魚肉ソーセージのようにすり身にすれば大丈夫。実際、東欧の人たちはもともと魚を食べない。が、最近魚肉ソーセージや白身フライが健康志向も相まって相当食べている。これは形がわからなくなったことが大きい要因と考える。食虫は料理法次第と言えよう。

専門書による昆虫食のメリットをここに列挙する。

1、高タンパクで脂肪分が少ない。

2、人にうつるウィルスがない。

3、虫の飼料となる植物が多種にわたり、かつ豊富で日本にいくらでもある。

|
|

« 民主党の党首選 | トップページ | 不景気の要因 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/48951553

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫食:

« 民主党の党首選 | トップページ | 不景気の要因 »