« 夏本番 | トップページ | 広島平和式典 »

原爆の評価

アメリカ人は、原爆投下致し方なし、悪いのは日本の方と受け止めている。

「アメリカの趨勢を日本人は知らされていない」

 アメリカ人の大多数が、表題の考えだ。テレビ等では、アメリカも残念なことだ、と言う主旨の報道はすれど、原爆使用まで踏み込ませたのは日本人と考えている。ここを修正することは相当な話し合いが必要である。

「核を持つ国の首脳は、8月6日広島に来ていない」

 正確に調査してはいないが、そのように記憶している。間違いであれば、幸いである。ただ言えることは核の使用制限になる行為はなかなかしないだろう。オバマ大統領に当初若干の期待があったが、現在の情勢では、政治価値が低いので、実現は厳しいと考える。

「それでも日本は原爆被害を世界に知らせる必要がある」

 必要ではなく、これは原爆被爆国、日本人の義務だ。アメリカ全体、核保有国全ての国民に日本人の心を語ってみたい。明日、暑い日が巡ってくる。世界の評価が変わるまで、静かに義務を続けて行こうと思う。

|
|

« 夏本番 | トップページ | 広島平和式典 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/48764712

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の評価:

« 夏本番 | トップページ | 広島平和式典 »