« 長崎平和宣言の呼びかけ | トップページ | マニュアル・ルール重視の弊害 »

CRM(Customer Relationship Management)について

CRM(Customer Relationship Management)とは

 CRMとは、顧客満足度を向上させるために、顧客との関係構築・強化することを重視する経営手法。その目的の為に、顧客一人一人個別の要望をデータ蓄積し、その情報に沿うサービス提供を推進するものを指す。

「セグメントマーケティング」

 情報過多で、顧客の要望が多様化し、テレビ等、従来のマスマーケティングが行き詰まりつつある。現在、顧客の要望や属性を元に分類し、情報を提供するセグメントマーケティングが関心を呼んでいる。セグメントの分類をより細かく分析することで、One to Oneマーケティングにも近づきつつある。CRMと相関性が高いマーケティング手法である。

「CRMのアウトソーシング」

 CRMを行うに当たり、消費者の商品購入実態や行動履歴を分析する為に必要なデータ項目は多岐にわたる。しかし、専門的な分析を自社で、実施するには「人」「時間」「情報」「コスト」が必要であるが、通常の企業では準備が困難である。これらサービスのアウトソース受託を、当社は20年以上のノウハウを基に受託している。

「ポイントカードインフラも連動」

 当社が提供するCRM用ASPでは、「何時」「何処で」「誰が」「いくら」というデータを基に低コストで簡単に出来るポイントカードインフラを連動させているので、貴社顧客情報の集計・分析がすぐに開始できる対応が出来ている。

「RFM分析サービスについて」

 顧客の購買行動・購買履歴から、優良顧客のセグメンテーションなどを行う顧客分析手法の1つ。データベースマーケティングにおいては、顧客データ分析の最も基本的なもので、どこの企業様でも抑えておくべき分析手法。 良い顧客とは、下記の3つの数値が高い人と定義することができ、その人が上顧客と言える。この3つの指標の良い人を増やすことが売上げを上げることにつながる。(リーセンシー)=来店日、(フリークエンシー)=累計来店回数、(マネタリー)=利用金額計。これらを活かす経営手法をCRMと言う。

「CRMを広げ、情報化社会に対応」

 判らないことがあれば、いつでも聞いて欲しい。ネット社会はこれから始まる。皆さまの役に立てる自信がる。

|
|

« 長崎平和宣言の呼びかけ | トップページ | マニュアル・ルール重視の弊害 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/49086619

この記事へのトラックバック一覧です: CRM(Customer Relationship Management)について:

« 長崎平和宣言の呼びかけ | トップページ | マニュアル・ルール重視の弊害 »