« 下駄屋の盛衰 | トップページ | 牛肉に代わる食材 »

宮崎県の口蹄疫終結宣言

口蹄疫問題の終結、本当に良かった。

「地元情報は相当悲惨」

 マスコミは報道規制を受けているようだ。実際の現場は、想像以上らしい。聞いたところでは埋めた牛が発酵して膨れてきた埋立地。そしてその匂いがすごい。マスコミは報道しないが、現地は悲惨と思う。破産も多いと聞き及んでいる。

「ウィルスを持ちこんだ原因が某代議士」

 今回、口蹄疫の発生原因については、マスコミでは報道規制が掛っている。題材のとおり、この事件を引き起こした人物が居るようだ。その人は超強力消毒薬のビルコン(バイエル社製)を地元に優先させた代議士。正しい情報が取れないので、これ以上追及は今回やめておく。しかし、地元では今もビルコンの取り合いが続いている。こういったことも他地域の人は全く知らされない。いつもながら、本当の地元情報は全国には出ない。

「結果は収まった」

 まずは、宮崎県の口蹄疫が終息。このことはとてもうれしい。終息宣言を心から歓迎している。今後の宮崎の畜産復活を心から期待する。同時に、今後の食の安全を考えると、畜産産業の多様性が「キーワード」と考える。この機会に牛以外の畜産に期待したい。

 

 

|
|

« 下駄屋の盛衰 | トップページ | 牛肉に代わる食材 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

口蹄疫問題、ようやく終息の方向に向かってるようで何よりです。
それにしてもビルコンについての話題はネット上でもかなり書き込まれてますね。
宮崎ではなく地元に優先してビルコンを配った代議士・・・この話がネット上の噂ではなく本当なら許せない話です。
実際に、その代議士の地元から宮崎に送られたなんていう話もあるとか。
農水大臣の4月末の外遊についてもどこまで本当なのか。
すべてが完了してからでも是非野党は追及して欲しいですね。

投稿: たいじ | 2010.07.29 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/48764720

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県の口蹄疫終結宣言:

» CRMの概要と分析方法 [時折更新するblog]
勉強会用に以前まとめたものを修正して転載 一般にCRM(=Customer Relationship Management 邦訳すると顧客関係管理)とは、顧客満足度を向上させるために、顧客との関係を構築することに力点を置く経営手法のことを指します。 本来は、江戸時代における大福帳の様に....... [続きを読む]

受信: 2010.07.29 08:28

« 下駄屋の盛衰 | トップページ | 牛肉に代わる食材 »