« 求人!初めて同じ内容を2度掲載 | トップページ | 宮崎県の口蹄疫終結宣言 »

下駄屋の盛衰

下駄市場から見た変革の予想

「現在は20社程度」

 今は滅多なことでは使わない下駄。現在製造している会社は全国で20社程度らしい。この20社は工芸品の領域に達しており、現在安定した事業となっている。

「江戸時代は日本に7000店の下駄屋があった。」

 坂本竜馬の象徴の1つとなる靴を日本人が履き始めるまで、日本人は下駄か草鞋で暮らしていた。当然生活必需品として、全国に下駄屋があったようで、調べてみると7000店以上は存在したらしい。

「靴による市場の変革」

 明治から現代に至る間、下駄における縮小市場での熾烈な競争があったはずだ。そして縮小均衡を達成した会社だけが生き残り、今現在20社になったと考える。企業生存率は0,3%。そして市場を奪ったのは靴である。市場改革の代表的事例と思う。

「通信の変革」

 今、通信に関わる分野でも、下駄の変化に匹敵する市場改革が進んでいる。ここに、わが社が目指す個人情報を活かす市場が現れる。

「水虫のおまけ」

 靴が普及したことで、余分な市場も出来た。水虫の治療関係市場である。同様にこれからの改革にはいろいろな副産物も予想される。今から起こることに多いに期待をしている。

|
|

« 求人!初めて同じ内容を2度掲載 | トップページ | 宮崎県の口蹄疫終結宣言 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/48757114

この記事へのトラックバック一覧です: 下駄屋の盛衰:

« 求人!初めて同じ内容を2度掲載 | トップページ | 宮崎県の口蹄疫終結宣言 »