« 落語 | トップページ | iPADもどき来週日本上陸 »

恋愛

相手の中での存在が全て

「人は認識されることが存在すること」

 人は全て、互いの印象の中にのみ存在し、相手となる人の持つ印象がその人の存在となる。人の中にある印象が変われば、相手の人の存在が変わる。自分が不変と思っていても、相手の中ではいつも地位は変化する。自分と考えているあなたの存在は、相手にとってすごく重要になったり、そうでなくなったりと入れ替わる。これが最も顕著な心の動きが「恋愛」である。

「恋愛はまぼろし?」

 どんなに相手のことを大切に思っていても、2年を過ぎるころからあなたの重要度が下がってくる。女性から見た場合、男性は異性ゆえ、その心中では理解できない因子が心を揺さぶり、そして変動させる。これが普通の男性。恋愛とは互いに異なる存在の「まぼろし」を認め合うもので、気持ちの抑揚感を双方で共有するものと言えよう。

「華厳経」

 以上は私の思いつきではなく、華厳経の考えに沿った教えを自分なりに解釈してみたものだ。人類は2500年以上前から変わることなく、生きているのだろう。

|
|

« 落語 | トップページ | iPADもどき来週日本上陸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/48385314

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛:

« 落語 | トップページ | iPADもどき来週日本上陸 »