« 固定資産税は不平等 | トップページ | 日本バッシングはない。 »

他人の知恵

トイレットペーパーホルダーカバーから

「初めてホルダーカバーを見たとき」

 小さいころ、どうしてトイレットペーパーの上にカバーが必要か分からなかった。引っ張り出す際、邪魔に感じた。やがて紙を切る際、カバーがないと、勢いよく引くと、緩んで伸びる。綺麗に切れない。カバーの価値が分かったときは少し賢くなった気がした。

「ペーパーカバーを上げて、手でちぎる人の知恵」

 高校時代、カバーがあるのに、カバーを上げて手でちぎったトイレットペーパーの切り口を眺め、座り込んで考えていた。そうして紙を引いたときに閃いた。カバーをのせたまま引くと「カラカラカラ」と音を立てる。これをなくすためだ!学校のいびつな形をしたトイレットペーパーは大きな音を立てる。カバーを上げて紙を引けば、音がしない。人はいろいろな場所で工夫していることに感動したものだ。

「トイレットペーパーの切り方」

 皆普段、話題にしないが、勢いよく引っ張り丸める方法。11,8cm程度ずつ四角く巻いて行く方法(紙幅が11,8cmのはず)。長方形に出して巻く方法。その他・・・。拭き方も多種にわたる。生活の知恵がきっと一杯詰まっている。私が知っている方法はまだ、狭いものに過ぎない。皆のコメントを待つ。

ちなみに、海外ではカバーがない国が結構多い。また、白いテッシュペーパーがない、つまり再生紙ばかりの国もあり、エコを考える必要もある。

|
|

« 固定資産税は不平等 | トップページ | 日本バッシングはない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/48066001

この記事へのトラックバック一覧です: 他人の知恵:

« 固定資産税は不平等 | トップページ | 日本バッシングはない。 »