« 他人の知恵 | トップページ | Face Book »

日本バッシングはない。

もう、出る杭は打たれない (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「クロマグロ」

 今回、クロマグロの漁獲禁止を排除するため、アジア勢の取りまとめを日本はやった。その結果、イスラム圏がまとまって日本案に同調されたことに興味を持つ。中国が「サメ」取引で裏で動いたなどの推論も飛んでいたが、単純に先進国理論と開発国理論のすれ違いが原因と思う。魚においては日本は途上国代表と言える。面白い傾向だ。

「ひも付きODA」

 一昔前は、日本のODAで海外業務受注をするとアメリカ等からバッシングされたが、今や韓国、中国を筆頭に政治・援助金パッケージで世界を攻めている。さらにロシアは軍事技術セットで押し出してきた。こうなれば、日本の得意技を駆使できる。世界に押し出す時が来た。そしてベトナムでの高速道路整備受注や新幹線の受注は快挙に思う。

「エコノミックアニマル」

 日本人がエコノミックアニマルはすでに死語。今や日本人は世界でもっとものんびりした国民になったようだ。それなのにいまだ日本人が働きすぎと言う人もいる。が、それは自分で考えない故の発言に思う。少しは海外で活躍する韓国人のたくましさを見習って欲しい。

「日本異質論」

 韓国や中国の台頭で、日本だけが西洋文明から異質であると言われることがここ数年なくなった。その大きな原因の1つはより強烈な中国の世界躍進にあろう。中国の理論からすれば日本は西洋のグループに入ってしまう。それほど、西洋主張とは食い違いを感じる。

「日本は世界で目立っていない」

 過去日本だけが白人社会で目立っていたが、今ではたとえれば、ビルの高さにおける霞ヶ関ビルのようなものだ。36階より高い建物がたくさん増えて、どこにあるか分かりにくくなった。さらにビルの高さを競う価値観が薄れたように思う。こうなれば、日本人はこれから全力で世界で働くことができる。共に世界を見て動こう。

|
|

« 他人の知恵 | トップページ | Face Book »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/47632135

この記事へのトラックバック一覧です: 日本バッシングはない。:

« 他人の知恵 | トップページ | Face Book »