« JAL倒産 | トップページ | JAL建て直しの「ずる」 »

トヨタのリコール400万台超

1月23日中日新聞1面記事から (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「アメリカではすでに230万台リコールした」

 トヨタの発表では、アメリカで採用された特定部品メーカーの部品問題としている。が、日本だけが大丈夫な訳がないと思う。反対に日本だけ政治的に抑えきっていると疑う。欧州やカナダでリコールが実施されれば、400万台以上のリコールとなる。アメリカで230万台を含む自主的に交換が420万台あり、既に修理されている。ここでさらに200万台近くが修理の上乗せとなる。そうなれば、トヨタが昨年世界中で売った車の台数に匹敵するはずだ。

「品質のトヨタ」

 モジュール化と世界標準化で、品質管理に陰りが出てきた結果であって欲しくない。私はトヨタファンであるゆえ、こういった問題を隠さず、正面から対応をして欲しい。モジュール化がここまで進んだ時代に日本だけが良いと言えるか?部品メーカーが違っていても設計は同じ。日本でのリコールも実施した方が、よほど信用が上がると思う。品質はどこまでも保証するトヨタであって欲しい。

|
|

« JAL倒産 | トップページ | JAL建て直しの「ずる」 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/47368524

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのリコール400万台超:

« JAL倒産 | トップページ | JAL建て直しの「ずる」 »