« Eco is cool. | トップページ | かたづけ士 »

景気2番底

景気2番底報道の真意 (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「2010年3月までに2番底」

 政府は最近、NHK等のマスコミを通じ、時期は明示ぜず、景気2番底を繰り返し言っています。政府には目的があってこういった情報を出すものです。私個人の情報網からすると3月が景気の底になります。そして来期2010年夏にはびっくりするようなV字回復をすると予想し、かつ期待しています。

「報道の目的」

 OECDは日本のデフレは最低あと2年続くため、政府の経済支援が重要とNHKで報道していました。この発表していた内容と、重ねて推察します。こういった政府の発表には必ず、裏があります。目的は、エコポイントの実施延長。エコカー減税の継続。不要事業停止。等々政策実施についての「エクスキューズ;言い訳」と見ています。景気刺激を財政で賄う意志表明でしょう。

「金融系は4月以降V字回復予想」

 現在、金融系は増資をかけています。お金のフローが5%も変われば、経済様相が変わるでしょう。過去の経緯からみると、4月以降の報道主旨は回復を前面に出して来ます。そして不景気に飽きた国民の心を持ち上げると思います。経済支援策と人の気持ちが一致したとき、景気は急に変わるものです。これが報道の真意とみています。

|
|

« Eco is cool. | トップページ | かたづけ士 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
4月からの景気回復・・・是非期待したいところではあります。
今期は契約内示を貰っていた会社から相次いで延期を申し出られたりと、大変な1年でした。
もう1ヶ月と1週間で今年も終わります。
そろそろ来年に向けての策をとらないといけないですね。

投稿: たいじ | 2009.11.24 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/46793481

この記事へのトラックバック一覧です: 景気2番底:

« Eco is cool. | トップページ | かたづけ士 »