« 景気2番底 | トップページ | 11月口論義(こうろぎ)スイミングチーム結成 »

かたづけ士

かたづけ士の商売が成立する会社 (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「かたづけ士とは」

 整理整頓をコンサルテーションして、業務の効率を上げる仕事です。よもやこんなことが商売になることに驚きました。セールストークは、以下のようです。整理整頓に掛ける時間の3倍掛けて書類を捜し、さらに混乱させる。当人は仕事をしたと満足する。結果成果が上がらない。これをなくすため、日々の整理整頓のコツを教えるようだ。が、報道ではその核心は見せてくれなかった。が、自分で考えて見ることにします。

「机の上の状態で仕事の能力の半分は判る」

 誰しも日々多忙です。そのためその日の仕事を片付ける時間がなく、机に過去の仕事を広げたまま帰ることが混乱の始まりです。帰る時、一切の書類やサンプル、筆記具を机の上から片付けきれない人の机では、翌日から書類の山の無限連鎖が始まります。こうなると効率は大きく落ちて仕事の成果はあがらず、仕事の評価は得にくくなります。

「片付けの外部コンサルは必要か?」

日常から整理整頓が出来ている会社はかたづけ士は不要でしょう。整理整頓は社風が大きく影響していて、出来ている会社はいかなるときも調子が良いと思います。また報道で出ていたようなぐちゃぐちゃの会社で経営維持できているのは、その会社の過去の歴史によるところが大きく、手を入れる前でも維持出来ていためずらしい例と見ています。それゆえ、これを直したから効果は確実に出たと思います。つまり、かたづけ士は不要です。片付けはスタッフの心の問題であり、自分の生活空間を守る意志です。片付けを言われてやっているのは単なる甘えす。

 

|
|

« 景気2番底 | トップページ | 11月口論義(こうろぎ)スイミングチーム結成 »

心構え」カテゴリの記事

コメント

子どもの教育で、まず最初にしなければいけないのは「物の管理の仕方」だと聞きました。物事を判断して効率良く収納するのは脳の発達にとても必要で、出来ないと成人後に様々な精神的な問題がでるかと…。
個人的に整理整頓が苦手なんで、気をつけないと…と思いました。

投稿: はる | 2009.11.26 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/46838124

この記事へのトラックバック一覧です: かたづけ士:

« 景気2番底 | トップページ | 11月口論義(こうろぎ)スイミングチーム結成 »