« たばこ税について | トップページ | 景気2番底 »

Eco is cool.

エコは格好良い (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「ジェネレーションY(22歳~33歳)の意識」

 アメリカの報告から。米国の消費者意識調査において、ジェネレーションYの購買意識がエコ重視となり、環境重視商品選択をする人間が50%を超えたそうです。米国ではエコを無視できなくなりました。電気自動車が表舞台に出る環境が整ったのです。

「エコによるイノベーション」

 電気自動車は本来アメリカの基幹産業である自動車と石油産業を覆すもので、政治的には導入を遅らせるべきものです。しかし、GMが駄目になり、抵抗勢力が優位になったため、自動車業界や石油業界の禁手が稼動し始めたと見ています。自動車業界でイノベーションが始まります。さらにスマートグリッド等による電気業界のイノベーションが始まります。エコ意識による産業変化の始まりです。

「Eco is cool;エコは格好良い」

 世界の先進国で最もエネルギー効率が高い日本はとてもCOOL(クール)な国です。。つまり環境問題では賢い格好良さがあるのです。スマートアンドクールで、世界の尊敬を集めうる国になれます。現在、Eco is coolについては、流行の領域を超えてきたと思います。

「付記;英単語の誤訳」

 スマートは痩せていると言うイメージをもたれていますが、英語では「心が賢い」ことです。ちなみにスマートの反対語は「ナイーブ」。心が暗い、と意味の英語です。日本では普通、やさしい?イメージと使われているように感じます。

|
|

« たばこ税について | トップページ | 景気2番底 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/46768522

この記事へのトラックバック一覧です: Eco is cool.:

« たばこ税について | トップページ | 景気2番底 »