« 事業の創造について | トップページ | 教育費の無償化について »

気が付けばメタボ?

45歳からの健康管理 (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「気が付けばメタボ」

 社会に出てからろくに運動せず、毎日酒を飲む日々を20年以上にわたり続けました。その成果で、世間で言うメタボの領域に突入し、気がつけば45歳で体に限界に来たのです。血圧が下が100を軽く超え、120に届く日々もありました。上は180レベル。医者から、そろそろ天国と言われるところまで行き着いたのです。

「おぼれる」

 運動をしろ、と言う世間の言葉に乗って、大昔に得意と、自認していた水泳を再開しました。25年のブランクは、我が肉体を想定以上に蝕み、イメージどおり泳ぐことができませんでした。再開当時、泳ぎには自信があったので、なんの準備もせず、予備運動もなくいきなり50mプール(水深2,15m)で泳ぎ出しました。が、途中で腕が動かなくなり、足は吊る。結果、溺れ、散々でした。

「一念復帰」

 それから、出来る限り毎週1回は泳ぐこととし、当初1日1時間1000mの目標で開始しました。その後徐徐に増やし、1日2時間で5000mまで泳ぐことが出来るようにしました。また、併せて酒もほぼ同時に制限しました。週1回だけは飲まない日を作り、あれから3年間、ただひたすら誘惑に負けず守っています。

「現在の状況」

 上記の結果、血圧も順次下がり、今は80~135に落ち着きました。メタボの領域からもなんとか解放されました。ただ、水泳のタイムはどうしても過去のタイムを出すことは出来ません。これがくやしいところです。

「昔の体にはもどれない?」

 今、水泳では相当な努力をしていますが、昔のタイム回復はまだまだまだ、全く無理です。ベストタイム比較で、50mで4秒以上。100mでは15秒以上差があります。筋力・スタミナ不足と超過体重が原因です。筋肉は相当鍛えても昔のようには戻りません。ここからは今ある筋肉を落とさないことが重要と感じています。

「健康管理とは、地道な継続による若さの維持」

 元に戻らない体を見てつくづく思うのです。健康診断で健康を維持できません。薬を飲んでも、サプリに頼っても、40歳から先、体の若さは維持できません。強い意志による運動の継続が大切と思います。若い皆さんはぜひ今から始めることを心からお勧めいたします。

 

|
|

« 事業の創造について | トップページ | 教育費の無償化について »

趣味」カテゴリの記事

コメント

耳の痛い話です・・・
私もまだ30代なので今から少しづつでもはじめないとと思いつつ、まったく運動しておりません。
毎日片道20分の通勤を行ってますが、まぁ東京にいた頃はそれ以上歩いてましたし。
週1回の休肝日がなかなか作れず・・・意思が弱いですね(T_T)

投稿: たいじ | 2009.10.20 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/46472206

この記事へのトラックバック一覧です: 気が付けばメタボ?:

« 事業の創造について | トップページ | 教育費の無償化について »